ヲタク水遁帳

ヲタクが気まぐれで書くブログです

ニコニコ動画で動画を見るという応援の仕方

初めましての方、はじめましてよくぞリンクを開いてくれました。

それ以外の方、またこんなところまでお読み頂きましてご苦労さまですありがとうございます。

なんだかわからねえがここに辿り着いたという方、お求めの情報がここにあるか分かりませんがごゆっくりどうぞ。株式会社DDでググってください。

 

左手のひらから出すなら蒸しパンがいい、あまぞねすと申します。

 

 

今から遡りますこと約1週間前、さいたまスーパーアリーナにて「ニコニコ超パーティー2018」が開催されました。

わたしはネットチケットを買いまして自宅応援組だったのですが、同様に配信応援された方も実際にさいたまスーパーアリーナに足を運ばれた方も、あるいは全く見てないよ~って方もいらっしゃるかと思いますが、実際に出演していたのを見た方も見ていない方も、出演した㈱DDの皆さんのTwitterやらブログやらInstagramやらでお写真や出演した感想などは間違いなく見たのでは無いかなと思います。

 

f:id:mariaamazones:20181109184025j:plain

f:id:mariaamazones:20181109184032j:plain

 

さいたまスーパーアリーナ

キャパ 37,000人

 

 

いや~夢がありますよ。パンダドラゴンちゃんたちに至ってはアイドルになって半年でこのステージですからね。とんでもないですよ、今もし「来年の春先に3万超の人の前で1ステージやりますんで」って言われても信じんでしょ?とんでもないっすよ本当に。

 

パラゴンちゃんのみならずちょこぼさんにとってもこの規模のステージは初めてだった訳でして、この超パーティの裏側放送*1に出ていたゆじまるさんなんかは「デカすぎて逆に緊張しなかった」と言っていたくらいでした。……それくらい現実的じゃない程の夢の舞台SSA!すごいぞ超パーティ!!!

初出演組の感想は軒並み「感動した!」「夢の舞台!」「すごかった!」みたいなところで、初めてではないめせもあ。組も「来年もまた出たい」という感じでしたね。先述の裏側放送にチョロっと出ていた篠原社長も「また来年もDDで出られるように」との事。

 

 

 

さて本題です。

ニコニコ超パーティ。ニコニコ動画のお祭りな訳です。

そこに来年も出るには?出続けるには?何が必要か。

これまで出てきた実績も必要でしょう、ネームバリューも必要でしょう、チームとして売れてることも重要でしょう。

 

しかしそれはまあ、キャスティングするにあたってのところであったりですとか、お外側に向けたところである訳で、

ボーイズアイドル?知らんがな。中野サンプラザ?なんぼのもんじゃい!

みたいなニコニコ動画しか見ないようなニコ厨の人がですよ?何をもってステージに出てきた人を見るかって言ったら、それはやっぱりその人達が見ているニコニコ動画での活躍な訳です。

 

 

 

そうなった時に、果たしてDDのグループたちはニコニコ動画の民たちに今受け入れられるだけの活躍をしているのだろうか?というお話です。

 

例えばですが、今回超パーティにて披露したDDの不協和音。これはYouTubeでは11/9現在82万回再生がされている動画ですが、ニコニコ動画にて投稿された同動画は6万6千再生という、これだけの差があります。

これはニコニコ動画の踊ってみた動画として決して少ない数字ではありませんが、それでも!それでもこれだけの差がある事は!知って頂きたい!!

ちなみに個人動画やメンバー合作動画になるともっと少ないです。ニコ動発信の踊ってみた振付の動画であっても大体YouTubeの5分の1にも満たない数字しか再生されていない事がほとんどです。

 

ニコニコ動画の民の皆さんは、むすめん。は知っている、あおいくんは知っている、Perfumenの白服さんは知っている、だけどMeseMoa.は…。という方が大勢いらっしゃると思います。

MeseMoa.で~す!」と出て来て、「メセモア…?ああ!むすめん。か!あおいくんがいるグループ!」と未だになる世界だと思います。

 

 

今これを読んでいる方の多くは今「おいおい、何をそんな急にdisっとるんだ…。ニコニコ動画?ちょっとよくわかんないっすね?ニコニコ動画の民?選民意識っすか?(笑)YouTubeで再生されてれば十分やろ。これからはYouTubeの時代じゃん?」と思われている事と思います。

 

そしてわたしはそれに対してこう思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ねえちょっと~~~~そんな寂しいこと言わないでよ~~~~~!!!!!!

 

 

 

 

寂しいよ寂しいよ!!ねえ絶対そんなこと思っても言わないでよ~~!!確かにわたしもはっきり言ったけどさ~~!!思っても言わないでよ〜〜!!っていやこれブログなんだけどさ~~!!言われたっていうのがすでに想定で妄想なんだけどさ~~!!

 

 

……と、まあいい年したおばさんが駄々をこねた訳ですが、実際問題このブログを書いている大きな理由は寂しいからです。

ニコニコ動画出身の彼らがニコニコ動画で動画が伸びないのは実に寂しいです。彼らが産まれた村を守りたい…そんな気持ちで今これを書いています。

 

個人感情の押し付けかよ、と言われれば本当にそうでしかないのですが、でもニコニコ動画で動画が伸びるって、思っているよりも大きな事だとわたしは思っているんですよね。

 

 

例えば、ニコニコ動画のランキング制度です。

彼らの動画が伸びているYouTubeには急上昇ランキングというものこそありますが、何しろニコニコ動画とは動画数も閲覧されている国の数も違います。その上現在のこの大ユーチューバー時代。このランキングに入るのは容易な事では無い事はYouTubeユーザーの方ならご理解頂けると思います。

 

それに対して、ニコニコ動画のランキング。

先ほど申し上げました通り投稿動画数自体がYouTubeと比べ少ないです。その上、カテゴリーが細かく区分されている分、カテゴリーランキングともなれば上位に入れる確率自体がこの時点で十分に高い訳です。

実際の例を挙げますと、彼らが動画をUPしている「踊ってみた」カテゴリーの現在(2018/11/09)の週間ランキング総合1位の動画は11/3投稿の動画で再生数は約12,000回です。

 

いかがでしょうか?思っている以上にアレやな…と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

とはいえニコニコ動画のランキングには再生数以外の要素も入ってくるので、週に2万再生されれば十分なんですね、という事にはなりませんが、この辺りまた後述します。

 

 

 

え?その程度のランキングで上位になって果たして嬉しいのだろうか?だって?

いやアンタ、そりゃ嬉しいでしょ。モチベーションでしょ。投稿主じゃなくても分かるよ。ミス日本になれなくても、「うちの学区で一番可愛いのは君」と言われれば嬉しいでしょ?それと同じですよ。

逆にどうです?そりゃ時代が違いますけど、1万マイリス行ったような動画がある人が今は300マイリス行くにも苦労するんですよ。右から左へ流れていく文字が途切れるのを見てしまうんですよ。悲しいんじゃねえかと思うんですよ。

 

わたしはファンなんだもの。小さなことから好きなアイドルを喜ばせたい。それだけのファン心理なんですよ。

 

 

だからこれは応援なんです。

動画を見る、それを楽しむ。 ただそれだけの応援なんです。

 

そりゃYouTubeはいいですよ、アプリはスマホに基準装備だし、テレビにネット繋いであれば大きい画面で見れるし、無料で高画質だし(回線はテメエの問題だ)。

わたしもそれは分かってんです。ニコ厨だけど、ニコニコ動画こそ天国!なんて思ってません。繰り返し言われるように不具合も不都合も色々ありますよ。

 

でも大好きは大好きですし、リアルタイムで感想が右から左に流れていくのとか、コメントアートで画面がキラキラするのとか楽しいし大好きです。そして大好きな彼らを出逢わせ、最初の活躍する場となったニコニコ動画に感謝しています。

 

ニコニコ動画で誕生した彼らが「ニコニコ動画は投稿してもモチベーションに繋がらないし、広告効果も金銭的還元も大して無いので、そんなところに手間を掛けても仕方ないからもう投稿はしません」という事になったら、自分は絶対悲しいです。

ニコニコ動画が無かったら結成どころか出逢わなかったかもしれない。あの動画もこの動画も生まれなかった。他の踊り手さんとも交流する事はなく、さいたまスーパーアリーナに立つことも無かった。

 

 

なので皆さん、

 

ニコニコ動画で動画を見て下さい。

 

 

 

 

 

私の気持ちは以上です。

個人感情の押し付け、全くその通りです。YouTubeで動画を見て構いません。でももし、ニコニコ動画でも何度か再生をするだけでアイドルが喜ぶんだとしたら、簡単な応援方法だと思うんですよね。コメント流れるの面白いですよ。弾幕に参加するだけでも楽しいですよ。

 

なんで頼む。再生してくれ。分からねえ?分かれ!!(恫喝)

 

 

 

 

以下では、ニコニコ動画で動画を伸ばそう!という講義となっております。

ニコニコ動画にアカウント持ってねえよって人も居ると思うんですけど、無料で2分かからずに登録できるんで是非…何卒…。

 

 

 

 

先ほどの例で挙げました通り、ニコニコ動画で動画を伸ばす=ランキング上位にランクインするにはいくつか面倒くさい仕組みがあります。

 

 

ニコニコ動画のランキング制度はなかなかクセモノでして、

・再生数ランキング

・コメント数ランキング

・マイリスト数ランキング

それぞれのランキングと、それら3項目にニコニ広告宣伝ポイントを加味した、

・総合ランキング

の計4種のランキングが、毎時・24時間(デイリー)・週間・月間で決められていきます。(『合計』というランキングもありますが、それはニコニコ動画の歴史の合計になりますのでなかなか変わるもんでもないし一旦忘れましょう。踊ってみたカテゴリの合計1位は現在650万再生の動画だよ!えぐいね!)

 

なのでまずは、一番目につきやすい24時間ランキングの踊ってみたカテゴリー総合ランキング1位を目指すつもりで楽しんでいきましょう。

24時間ランキングは1時間毎に更新されましてそれが表示されますが、中でもその一日のAM6:00集計のデイリーランキングでカテゴリ総合1位を取るとPCの動画画面で「過去最高1位」という表示が動画にされるようになるようです。過去最高1位って言われたら嬉しいよね~。

 

 

ここからはカテゴリ総合1位に近付くために個人で出来るいくつかのステップをご説明します。

細かいことはいい!うるせえ!面倒くせえ!という人はス~ッとゆっくりスクロールして頂いて、大きめの文字で太字で書いてある部分に従ってください。それだけでOKです!

 

 

 

 

 

 

①動画を再生しよう!

 

とにもかくにもこれをしなければ始まりません。動画を開いて再生ボタンをポチッ!たったのこれだけです。

最後まで視聴しなくても1回再生すればそのまま「再生数1」となりますが、動画の機能である「リピート再生」を使うと何周再生しようが再生数は1です。

調べたところ、再生から1分間以上時間を空けると再生回数は増えるとの事です。なのでカチカチカチカチ~ッ!と連打で再生しようとしてもその連打の回数だけ再生回数が増える訳ではないので気を付けましょう。無駄な疲労ですよ。

または別端末を使えば再生回数は伸びるようですね。同じアカウントでログインしたスマホとPCで同時に同じ動画を再生すれば「再生数2」になるという事。とはいえそんな不正まがいな事までしようなんて推奨はしていませんのでどうぞご理解を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②動画にコメントしよう!

 

ニコニコ動画の醍醐味です。動画には必ずコメント投稿欄がありますので、そこから文字を打つだけです。

なんでもいいんです。長々と「あ~~~この上腕二頭筋は美しい!まさに国宝!まさに宝子!ありがとう神様!ありがとうお母さん!この世に生まれたもうたこの奇跡に感謝!」みたいな長いコメントを打つとそれが超高速で右から左へ流れていくだけで大体読めないのでそんなことする必要は無いです。Twitterでやろう。

「ここかわいい」「ここえっち」「ここすき」そんなもんでいいです。語彙力?捨てちまえ!!!馬鹿になれ!!!モラルは持て!!!

 

ニコニコ動画初心者の方がこれを見ていらっしゃるとしたらのご説明ですが、

動画冒頭に出てくる「うぽつ」は「UP乙」、つまり「動画投稿お疲れ様です」という意味で、

動画終盤に出てくる「88888」という8の連打は、パチパチパチという拍手の意味になります。

よく分からなかったらまずは動画終わりの8の連打から始めてもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③動画をマイリスしよう!

 

 

マイリスしよう!(意:マイリストに追加しよう!)

これは機能としてはYouTubeの再生リストと同じものだと思っていいです。自分の好きな動画を後で見やすいように各自作成したフォルダに保管しておくことです。

私個人としてはこれが本当に大事な事だと感じていまして、機能こそ再生リストと同じものですが、その意味合いはYouTubeでいう「高評価👍」、TwitterInstagramでいう「いいね💛」だと思っていいと思います。なので、これは良いな!と思ったら是非して頂きたい。

 

現在の踊ってみたカテゴリで言えば、

500マイリス〜・・・そこそこ伸びてる

1000マイリス〜・・・かなり伸びてる

3000マイリス〜・・・めちゃめちゃ伸びてる

5000マイリス〜・・・踊ってみた史に残る動画

ぐらいの基準だと感じています。(※私個人の見解です)

なので、例えば単純に投稿主のフォロワー全員が1マイリスでもすればもうそれは…それはもうアレなわけですよ…本当に…本来ならばね…?

 

マイリスト登録の方法もなんてことはないです。

スマートフォンアプリなどでいえば投稿者の名前の下に「とりマイ(とりあえずマイリスト)」、「マイリスト」とフォルダーのアイコンで並んでいますし、PCではコメント一覧の上に同様にフォルダーの形のアイコンがあります。そこをポチッ!としてください。

ひとまず俊敏にワンクリック出来る「とりあえずマイリスト」をポチッ!これでマイリス1ゲットです。

「とりあえずマイリスト」は初期装備で作られているものですが、「マイリスト」は自分で作るもの。

私の場合は「いつかやって欲しいリスト」とか「私の殿堂入り」とか「可愛い振付」とか「かっこいい振付」とかで分かれています。自由に作ってついでにマイリスト数も増やしてみよう~!(マイリスト数は1フォルダに登録毎に1増えていくよ!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④動画を共有しよう!

 

これは直接的にはランキングに関係しませんが、自分のTwitterのフォロワーさんやお友達に動画をお知らせする事で最終的に動画が伸びることに繋がるのでお勧めだよ!ねずみ講と一緒だね!

共有の仕方は現代っ子ならわたしよりよっぽど詳しいと思いますが、これもそのまま。「共有」のボタンからツイートなりなんなりして頂くだけです。

あとはもっと分かりやすいところだと、投稿したよ~っていう投稿した人のツイートを時間差でRTするだけでもよいですね!あると無いじゃ大違いなのではないかと私は思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤動画を広告宣伝しよう!

 

広告宣伝、これをニコニコ動画では「ニコニ広告」といいます。

ニコニ広告のポイントが多いと、検索画面で動画が上の方に来る、他の動画を再生した時に「他にもこんな動画があるよ!」という画面に表示される、ニコニコ動画TOPに動画が表示されたりする、動画に色付きの枠が付いて目立つ……などの広告としての特典があり、そして何より総合ランキングに「再生・コメント・マイリス」の数とは別にポイントとして加算される…というものなのですが……。

 

これがねー…これがなかなか難しいんですよ…。

正直私はニコニ広告システムの事をニコニコ動画の闇だと思ってまして、正直ランキング以外の特典はPCでしか表示されないのでスマホ視聴者にはそれほど関係ないものなのですが、とにかくランキングにこの広告ポイントが入るというのがやばい。えぐい。残酷。

調べたところ、500ニコニ広告ポイントで150再生・10マイリスト分程のランキング影響力があるようです。やば。ゲロゲロやん。

ニコニ広告ってつまりニコニコ動画プレミアム会員になる以外のニコニコ動画での課金システムで、ポイントを買って主に視聴者が広告費を打つ。そうする事で動画が目立つ。……そのシステム自体は広告宣伝費ということですからおかしくはないんですが、つまり率直に言いますと広告ポイントがどれだけ入れられているかによって大きくランキングが左右される。という事なんです。

 

従って、めちゃめちゃ広告すれば動画の再生数その他諸々がそれ程伸びてなくてもランキング上位に行くことが出来る、ということなんですが…。複雑ですよね…。

実際のところ今のランキングってこの広告システムによって作られているみたいなところが大きくて、そりゃ勿論良いと思った動画を広告しているんだから広告してる人が悪ってことは全くないんですけど、それでも再生数やマイリス数やコメント数でどんなに勝ってても総合ランキングでは上に行けない、という実態が今はあるんです。

 

ああ悲しいな寂しいなととても思うんですが、ぶっちゃけ私もなるべく広告頑張るようにしてるからなんとも言えないんすよね!!!広告を打つ人は悪じゃないよ!!私は人に自分の好きな動画を見て貰いたくてシステムを利用してるだけ!!そのシステムが暗黒魔術なだけ!!

 

ではこれをどうする事も出来ないのか?結局金のある奴が勝者か?

早まるな!!ニコニコ動画ニコニ広告には無料システムもある!!!

nicoad.nicovideo.jp

これはニコニ広告のシステムのTOPページですが、この中に「1日1回無料!デイリー福引キャンペーン!」という黄緑色にバーコードハゲのおじさんが描かれたバナーがあります。(キャンペーンシステムによってタイトルは変わるけど大体似たような感じです!)

このリンクでは文字通り、一日一回ユーザーなら誰でも福引が回せまして、日によって100~1000、キャンペーンによってはもっと大きな額のニコニ広告ポイントチケットが貰えます。

「使用するポイントを〇%割引してあげるよ!」という実費のポイントを使う前提の割引チケットも出る事がありますが、1日1回は必ず引ける!ので、高確率で広告に参加出来る!

 

広告の仕方は、アプリでもブラウザでもメガホンの形のアイコンをクリックです。

表示上ステップは分かれていますが、やるべきことはぐぐぐ~っと下にスクロールしまして、STEP3の「ポイントを投入する」でポイントをぽちぽち入れるだけ。ポイントは100ポイント単位で利用できます。

ここから、福引で得たポイントチケットを利用するのであれば「チケットが利用できます」の部分から該当のチケットを選んで、その数だけポイントを入れましょう。

最後にSTEP4の「設定内容を確認する」から「利用規約に同意してニコニ広告する」をポチッ。これで完了です。

投入したポイント数によってはさらに福引でポイントチケットを増やせることも!(この辺りは実施しているキャンペーンによります)

ちりも積もればなんとやら!100ポイントを100人が入れれば10000ポイントです!

 

 

とはいえねー…。やっぱり動画によってはものすごいとんでもない額の広告ポイントが入れられたりするんです。競合動画さんがすごいと、本当に歯が立たなかったりする。正直。

 

でも、ここで利いてくるのが他の要素「再生数・コメント数・マイリスト数」だと思うんですわたしは!

やっぱり良い動画は再生されてるし、コメントされてるし、マイリストされてるんですよ。評価ってそこだと思うんです。反対に、「ランキング1位だけどそんな伸びてねえな…」と思うこともあります、最近はやっぱり。私が見たくなるのはランキング1位の動画よりもマイリスト数が多い動画です。

そういうとこってないですか?雑誌で紹介されてる目立つお店よりも、クチコミのレビューが多かったり☆の数が多いお店の方が調べたとき入りたくないですか??

 

なので、広告は頑張れない…。でも再生します!コメントします!マイリスします!それでいいと思います。評価をすることは応援することだと思います。

 

 

 

 

 

モチベーションが上がるって、やっぱり投稿する側にとっても励みになると思うんです。

マイリスが前より多いなと思えば嬉しいだろうし、コメントが盛り上がってれば何回も見返すだろうし、ランキングで1位ならテンション上がると思うんです。

今はTwitterとかでもそんなに本人らが宣伝してないかもしれないし、ランキングにもあんまり触れていないかもしれないけど、私はそれも切ないよ。伸びてない動画を自分で出すのそりゃイヤだろうしさ、気持ちは分かるけど私はいっぱいの人に見てもらいたいもん。でも動画がすごい伸びてたら、やったー!っていつか言ってくれるかなーって、言わなくても思ってくれるかなーって思って、こういうブログを書いてます。そうだね、こうるせえ女だね。

 

ちょっとでもニコニコ動画でモチベーション上がる事で次また動画撮ろう!って思ってもらえたら私はハッピーだし、私はニコニコ動画発のみんなにずっとニコニコ動画の踊り手で居て欲しいから、こうるせえ女だと思われてんだろうなと思いながら書いてます。

 

数字で人気が分かる時代なんだってさ。分からしてやろうぜ!?ってならん?わたしはなります。

ほんのちょっとの手間で人気を見せつけることになるならしたいです。した方がいいと思います。

YouTubeでも同じものが見れるかもしれないけど、ここでも応援が出来るってこと、覚えておいてもらえればなによりです。

 


好きなアイドルの人気をみせつけよう!!

来年も超パーティに出てもらおう!!

来年も㈱DDで…なんて言わずに、

各グループの個別演目ももらおう!!

SSAに推しの歌声響かせよう!!

 

 

 

 

 

……… えい、えい、おー!!

 

 

 

 (いつも通り終わり方を見失った)

 

〆ッ!

八月は君の魔法

まずはこちらをご覧ください。

 

 

f:id:mariaamazones:20180807223653j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:mariaamazones:20180807223644j:plain

 

 

A1サイズ(594×841)です。

 

 

作るぞって決めてお金握り締めてコンビニコピー機に行ったんすけど、いざ拡大サイズ選択の画面開いたところでA1とかA3とか言われてもイマイチ寸法分かんないな、まあいいか大は小を兼ねるって言うしな。と思って一番大きいサイズでプリントしたんですけど、いや正直想像よりだいぶ大きかった。私高校生時代このサイズのキャンバスに絵描いてたわ(元美術部)。妹に見つかってSNSで晒されないかどうかだけが心配です。

ちなみにこの写真はJUNON様に単独グラビアが出た時に公式ツイートでサンプル画像として公開されたものであり、雑誌本誌や有料コンテンツの画像使用はしておりませんのでご理解ください。

 

 

 

さて。このブログを書いたのは他でもない、人様のブログに影響を受けたからです。

あっさりと激チョロ発揮を宣言しましたが、人様の名文を拝読してその直後に自分の休日が来てそしてしかも今月は推しの誕生月だったら書くでしょ。書くでしょとか言って何堂々と開き直ってんだろ。ごめんホント、すぐ人に影響される私。

 

しかしまあ、推しについて書くぞ!!と意気込んではみたものの早々に書くことが思いつく人間でもありませんので、参考にと思って自分のブログを読み返しますと(自分のブログ参考にするのもおかしい話なんすけど)、丁度一年前の今日、同じく我が敬愛致します推し様についての記事を書いておりました。

 

mazogorira.hatenablog.com

 

良いタイトルしてんな。(自画自賛)

あの時はMステの企画真っ最中で、ああそうだったなあ私メンバーさん各人の記事を書いてたんだったな~と既に懐かしく思っておりました。あの頃書いた事と今とじゃ感じている事も違うだろうから、きっと今書いたら違う事言うんだろうなあ。

 

それにしても、あれから一年経ちまして、随分と色々な事がありました。

あの頃の自分は、近い将来自分の推しが沢山配信をしてくれるようになる事も、推しが舞台で剣を振るうようになる事も、JUNONでヌードモデルになる事も、全く想像できていませんでした。いやあ、甘いね。認識が甘い。まだまだ見くびっていた。まさか脱ぐとは。脱ぐとはな~。

……あっ遅くなりましたが、この記事では推しが大好きだな~っていう話をただただ書きます。ここから先は特にね。オススメとかそういうんじゃなく、ただただ好きだな~って話を書くのでご了承下さい。

 

 

このブログの冒頭で「人様のブログに影響された」という事を書いたんですけれども、そちらのブログの筆者様はまだMeseMoa.を知って日の浅い、言わば出逢ってすぐという方だそうです。(許可頂いてないのでふんわりした表現でごめんなさい。思い当たる節がある方がもし読んでいらっしゃいましたら、ありがとうございます。一通りとても楽しく感慨深く読ませて頂きました(敬礼))

読ませて頂いた時の率直な感想は、素敵で丁寧な文章を書かれる方だというのは大前提として、「嬉しいなあ!」と「羨ましいなあ!」の二つでした。

この羨ましいというのは勿論、別にあおいさんに引用してもらったのが羨ましい!とかじゃなくてですね、今のMeseMoa.に出会えるのはどれだけ感動的なものだろう、と思うからなのです。

私はまだまだ、フォーゲルさん含め現MeseMoa.の皆さんに出会って追いかけ始めたのはつい最近のような気がしているのですが、それでもまあ時間換算しますと随分昔です。私の毛穴ももっと引き締まっていたと思います。

出逢ったあの頃、いや、追いかけ始めたあの時に感じたときめきは実に素晴らしいものでした。

うわっなにっえっ待って可愛い好きじゃんえっえっえっ?もっと見たいんだけど??って、あれはまさにビビビ!でありまして、あの感情は本当に何にも替え難い高揚感でした。

 

それがもし今、まっさらな状態で今のMeseMoa.さんやフォーゲルさんに出逢えたら。

「最新が最高」を更新し体現し続ける彼らの最高に今出逢ったら、わたしはそれはもう感動すると思うのです。

もし嫌味に聞こえる方がいらっしゃったら大変申し訳ないのですが、今一度新規ヲタになってみたいと思いませんか。私はなってみたいです。

あの時あのタイミングで出会わず、きっとまた今とは違ったものを好きになって色んなものを見てきた自分が、今のポテンシャルの彼らに出会ったら。

いやもうそんなの、うわーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!ってなるに違いないじゃないですか。何を好きになって何を経験してきたとしても絶対に好きになるんじゃないかな、これだけ素晴らしいものを見せられたら。無責任な事言うけども。でも好みや感覚はきっと変わらないしね。

それから彼らの歴史を遡って、その物語に感動したり、今まで出逢わなかった事に後悔したり、新たな現場に行く事に不安を感じたり興奮を感じたりするのかな、と思うと、ちょっとそれを味わってみたいなと思うんですよね。

彼らの何も知らないで、今の私がそれはもうめちゃくちゃに大好きな彼らを見るって、どんくらい鳥肌立つことなんだろうな。

好きを更新し続けてるのに、もう一回好きになり直してみたい、ってなんか聞けばヤンデレくせえんですけど、いやでも本当にそう。

好きになったら、どうしてもある程度のフィルターは掛かるじゃないですか。一般の人が感じるよりも興奮したり沸いたりするじゃないですか。そのフィルターを外した目で彼らを見てみたい。どれくらい素晴らしいか再認識したい。

 

…………いやマジで上からだなコイツ。やべえな。

なんていうかこう、「初見わこつ」で感じる、「なんだこれは!」の興奮とあの恋に落ちる極上の幸せを今の彼らで味わってみたいな~って、その素晴らしきブログを読んで感じました。本当に素晴らしいブログをありがとうございました。

つって勿論、今のオタク歴云年目の現状は最高に幸せなんですけどね!無いものねだり!

 

 

 

ヲタク歴云年目の去年からの一年間で、地方在宅の私もあちこち現場に行ったのですが、その中でもやっぱりいくつか印象深かったというか思い出深い現場があるんですけど、ちょっとその話。

 

まず思い出すのはMuddyWaterのフリラ。私が行ったのは大阪でやったやつで、確か前日が九州でライブでその後に夜行バスに某Y部長(※愛称です)と飛び乗って弾丸で行ったんですよね。

新曲の初見はどんな時でも感動的でMuddyWaterのすばらしさもさることながら、私にとってはやはり『夏の終わり、蝉時雨の中(以下、蝉時雨)』なんですよ。

フォーゲルさんと兄さんのWセンター曲。エリア優先券が取れて、某Y部長と並んで確か3、4列目くらいで見れたんだったかな?その曲が始まって、フォーゲルさんが歌い出した時、もう本当に…………手が付けられんくらい泣いた。

はいはい、泣いたっていう比喩表現ね、ヲタクって泣いた泣いたってすぐ言うもんね分かる分かる、みたいなんじゃなくて、マジで手が付けられんくらい泣いた。あれを号泣というのだなというくらい泣いた。たった今産道通って来たのかな?くらい顔面ぐちゃぐちゃにして泣きました。

 

丁度去年書いたブログで、私の夢はフォーゲルさんがセンターの曲で緑のキンブレを振る事だ、と書いたのですが、まさか書いたその直後くらいにそれが叶う事になるとは思っておらず、そしてその感動がこんなヤベェとは想像もしていませんでした。

フォーゲルさんて、本人が苦手意識感じているように歌割りは他の方に比べると少なめではあるんですよ。それはもう比率の問題だから私だって認めるよ。でも、蝉時雨では本当に本当にセンターだったんですよ。誰よりも目立つ位置にいて、すっごい歌ってたんですよ。

フォーゲルさんがねえ、「君と出会えてよかった」って歌うところがあるんですよ。それがねえ、もう本当にブチ刺さるんです。「きみとーでーあえーて、よかーっ!ぁたーっ!」って歌うんですけど、そのねえ「よかった」が本当に素敵なんです。大好きなんです。

あーそれ本当こっちの台詞だわと。そんなんこっちが言いてえわと。歌詞の前後の流れも読まずに私はいつも心の中で今こそみたいな感じで「オレモーー;;」って叫んでいるよ。私は推しの歌声1秒でも多く聴きたい派なんで今後も一切声に出す事はないとは思うんですけど。

胸をねえ、押さえて歌うんですよ。すごい一生懸命歌うの。それが本当に大好きなんです。思い出深い現場って書いたものの、正直色んな記憶がぶっ飛ぶくらいに頭の中が好きでギュウギュウ詰めになった。緑色を振るのが夢だったのに、キンブレは握っておくのがやっとだった。涙腺が激しく刺激され、ブスがよりブスになった。いや地獄だね。(顔面が)

手が付けられんくらい泣いて、どうにか泣き止んで全握に並んだんですけど、握手終わってから再び泣き、帰り道で泣き、帰りのバスを待つタリーズでも泣いた。死ぬほど某Y部長に迷惑を掛け、まともな会話を出来ませんでした。その節は本当に申し訳ありませんでした。最早謝る事しか出来ん。

 

 

印象深い現場は思い出せばもっとあるんですけど、この時点ですげえこのブログ長くなり初めてるんで抜粋して、先日のMazeツアー福岡公演。私にとって直近の現場の記憶です。

福岡は私の地元です。だから思いが格別というのもあると思います。自分の地元に大好きなアイドルが来て、仲良いファンの皆さんも来てくれて、いやあ実にそれだけで幸せ。

でもね、幸せに水を差すような事を言って申し訳ないんだけれど、アレ何年前だ?2年前?2年前の47ツアーでは、公演地はドラムロゴスだったんです。福岡でも大きいキャパのライブハウスです。

で、今回はその隣のBe-1でした。確実にファンが増えたはずの2年後にです。

発表された時、それはもーーーーーーーー悲しくて悔しくて悲しくて悔しくて、地元のキャパが減るってこんなしんどいんか、自分が行ける確率が減るとかじゃなくて、福岡はそうだって思われてんのか、ってそれはもーーーーーー悲しくて悔しくてやるせなくて…。私には何の力も権力も無いしその上友達も少ないんですけど、本当に不甲斐無いって思いました。ごめんねごめんね、もっと大きいところで歌って欲しかった踊って欲しかった、うちの子たちドラムロゴスいっぱいにしたんだよドラムロゴスアイドルなんだよって友達に自慢したかった。

ホルツも悔しかったけど、私は今年の事本当に悔しくて、こんなに最高のアイドルなのになあっていう想いを抱えて、当日を迎えました。

 

行った人は分かると思うんですけど、福岡公演すごく良かったんですよ。おいでませー!みたいな。よう来んしゃったねー!みたいな。そういうムードがあったような気がするし、パフォーマンスも最高だし、MCめちゃくちゃ面白くて死ぬかと思ったし、47の時と同じようにとみたさんが「今日男の人多くない!?」って言ってくれたりとかさ、したんだよ。それでね、気まプリさんが言うんだよ、「悔しかった」って。「会場名聞いた時、悔しかった」って。

ああーーーーーそうだよなああああああああってなった。ただ見るだけの私なんかがこんだけ悔しいんだ、やる人はそりゃ悔しいよな、そうだよなごめんねごめんね、って。私に何ができるんだろう、何もできないんだよな、何もできなくてごめんねって。いや私が謝るような事じゃねえのは重々承知なんですけど、今まで以上に思いました。私は何もできないんだなって。もっと大きいステージで歌って欲しいな、歌ってる姿が観たいな、今よりもっといっぱいの人にこの最高のライブを観てもらいたいなって。

47ツアーの接触で白服さんに言った事があるんです。「いつかZeppFUKUOKAでライブしてほしい」って。きっと私はその時軽い気持ちで、だけど初対面の白服さんは優しくて、出来るかなあって笑って言ったけど、私はきっと大丈夫ですよって言いました。で、軽い気持ちで言ったかもしれないけど、今はそれがめちゃくちゃ自分の目標になっている部分があります。言ったからには、私はそのライブに行くまでずっとライブに行くぞ!!!って。私たった一人に出来るのはそれだけだなあと、思いました。

 

 

そして、2部のアンコール前の最後の1曲、『あすの日に灯をともそう』。

これがもーーーーーーーーー本当に本当に本当に

 

本 当 に !!!!!

す ご か っ た !!!!

 

 

突然の語彙力の欠如にびっくりされたかと思うんですが、本当にすごかったっていうか、エモかったっていうか、なんかもう幸せ空間だった。多幸感と終わりへの寂しさがあの開場に満タンになっていました。

泣くことって時としてネガティブなものだと思うんですけど、あの時の涙はすごく感動的なもので、とはいえ私があの時他のお客さんと同様にグズングズン泣いていたのはやっぱり終わってしまう事への寂しさがメインで、それからありがとう大好きだよって気持ちで、

メンバーのねえ、何人かは泣いてくれるんですよ。なんで泣いてくれるんだろうって思ったりするんですよ。これいつかのブログでも書いたけどね、なんで泣いてくれるんだろうって思うんです。

アイドルにとってライブはきっと最早日常で、私みたいなソフトに言ってゲボライフを送っている社畜がライブに抱いている夢とか非日常だけど非現実ではない事への高揚感とか感動とかとは、違うわけじゃないですか。オーラスでもメモリアル公演でもなんでもない、ただの地方公演のひとつですよ。

でも泣いてくれるんですよ、マジ、なに、もらい泣きにしても泣きすぎだろってくらい。そんな優しくて生きづらくないの?くらいに。で、そんな風に泣いてくれて、優しくて、悔しがってくれるのが、本当に観ていて嬉しかった。人が泣いているのを見て嬉しく思うなんていよいよですよ。でも本当に嬉しかった。私の憧れの人達が感情と感動を共有してくれているような気になって、またいっそう泣けた。ありがとう。

でね、フォーゲルさんがね、その曲でセンターに来てくれたとき、会場に向けてほっぺに両手の人差指をあてて、ニッ!ってやって、( 笑って! )ってしてくれたんです。

ああ、この人のこういうところだなあ私がこの人を大好きなのは。って思いました。笑えないよっていっそう泣いて、でも、笑って!って。うわーーーーめちゃくちゃあたたかい!!!すごい!!!すきだ!!!!!!って。あの時何人のオタクが思ったんだろうな。みんな更に泣いただろうけど。

 

 

 

 

 

地方住みな事を言い訳にするのは遠征沢山されてる方に申し訳ないけど、私はやっぱり半在宅…いやほぼ在宅を抜け出せずに居て、行きたかった現場も観たかった演目も日に日に増えるばっかりで、だけど思い出にいつまでも残っているのは観れなかった悔しさよりも観た時の感動ばかりです。行った現場もしかして全部神現場なんじゃないかと思うくらいです。

私も生きてりゃそりゃアイドルの追っかけしか楽しい事が無いわけじゃないです。友達に子どもが産まれたとか、好きなアーティストの新譜が好きだとか、毎週読んでる漫画が神展開を迎えたとか、好きな人が連絡をくれたとか、今日食べたカレーパンが美味しかったとか、嬉しいこと楽しいことは日常にいくらかあるんですけど、

でも、わたしの未来への希望だ!!!!!と思うのは、MeseMoa.の活動であり、フォーゲルさんなのです。

自分以外の人間に期待して欲を抱いて希望をもって勝手に夢にして、無責任極まりないとは思います。

しかしなにしろ、彼らが夢を叶えてくれてきた実績を見てしまっていてですね。フォーゲルさんがどんどんカッコよくなっていくのを見ていてですね。だから、顎思いっきり上げて頭上かってくらい高みを勝手に見てしまっている現状があるのです。

実に勝手です。実にワガママです。でももう今私にとって、夢で希望で未来になってしまっているので、私はきっとこれからもワガママに夢を見ると思います。すまん!!!!!許してくれ!!!!!!

 

私は自分の事がそんなに好きじゃないんですけど、チケットを申し込んだ後とか、発券する前とかさ、いつもよりちょっとお行儀よく過ごす自分のことは好きです。

クリスマスの前に「良い子にしてないとサンタさん来ないよ」って言われた時と、同じ感情なんだと思います。希望して期待して、神様頼みます!って本気で思っている自分、いい歳して幼児のようでちょっと好きです。こんな自分を好きだと思える部分を小さな事でも作ってくれる事、本当に幸せな事だと思います。

私はキャパも埋めれないし、大した情報力も拡散力も無いし、全然優秀なファンじゃありません。ツイートもとても良くスベるし、いらんことすぐ言うし、言いたいこと我慢出来ないし、性格も悪いし、人脈も人徳も無いです。ついでにブスです。ブスでデブです。

でも好きです。誰と比べられるわけでもないけど、どうしてもフォーゲルさんが好きです。

 

憧れで、夢で、希望で、未来の象徴です。次回W杯よりも東京オリンピックよりも、2020年にフォーゲルさんやMeseMoa.がどんな風になっているかの方がよっぽど気になります。

東京で雨が降ればMeseMoa.は何してるかなって思うし、日本に台風が来ればライブは大丈夫かなって思います。

去年書いたブログにもある通り、MeseMoa.には素晴らしく愛すべきアイドルがフォーゲルさんのほかに8人もいます。

私はその全員が大好きだし、どこが好きかとかどんな風に好きかとか、一人ずつ議題にして朝まで生討論だって出来ると思います。

でもさ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもだよ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォーゲルさん好きにならん人ってなんなん???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやこれはな!明確に推し!という人が決まっている人なら多少なりとも分かると思うんですよ!みんな好きだよみんな良い子だよ最高で最強の9人だよ!って本気で思いながらも、でもな!と!でもなんでこの人を推さずにいられるん????みたいな!!無い!?本当に無い!?!?一ミリも無い!?!?自分の胸に手を当てて考えて!?!?あるやん!?!?!自分の推しが世界一いや宇宙一だと思ってたらさ!!!!みんな好きだけど何故好きにならずに居られる!?!?みたいな!!推しがセンターじゃないとかなに!?常にセンターですけど!?ステージ上では端に見えるかもしれませんけど、は?いやいやなんのために地球丸いと思ってんの!?!?フォーゲルさんの立っている場所が常にセンターで地軸だよ!!隣のメンバーとめちゃめちゃ離れてるだけですけど〜〜〜!?!?!

アッいいんですいいんです!!共感しなくていいんです!!むしろごめんなさいこんな気持ちの押し付けをして!!本当に申し訳ない!!でもなんか私もういよいよそのレベルにキちゃってて自分でもヤベエとは思うんですけど、大丈夫!!私の宇宙は私の宇宙!あなたの宇宙はあなたの宇宙!みんなの宇宙一がそれぞれ違っていいの!張り合わなくていいの!ただ私が好き過ぎていよいよ頭おかしくなっただけ!私にとってフォーゲルさんはイブでアダムで禁断の果実だけど、アイドルの数だけ人類創生があっていいと思うんだよね!!推しこそ人類の始祖!!!!!!!!!!!

 

 

 

……なんかここまでエモくせえ事語って来たのに急にイカレポンチに走ったなと思っただろうけど、なんていうかもう、我慢出来ないんですよ!言いたいんです!推しが最高だよ~~って!声を大にして!!これブログだけど!!

フォーゲルさんはダンス選抜だし歌唱選抜だしビジュアル選抜なんですよ、私にとって。バキバキのダンスは勿論だけど、あの味のあって一生懸命な歌声は何にも代え難いエンジェルボイスだし、あの顔も最高にかっこいいじゃん!?JUNONでグラビアで脱いだんだよ!?私はこれをしばらく免罪符か切り札のように使っていくよ!!

その上性格もキュートでチャーミングで真面目でカッコ良くてお茶目でなんていうかもう、ダメなの!私好きになると全肯定しちゃうタイプの人間なの!本当にごめん!!こんなキモいヤツがフォーゲルさんのオタクでごめん!!フォーゲルさんごめん!!緑推しのみんな!!ごめん!!現場では大人しくするから!!地味なオタクに徹するから!!ネット上でだけ暴れさせて!!あとはほんと~~~~に邪魔にならんようにするから!!アンコール以外で大きな声出さないから!!

 

なんか最初に素晴らしい文章の素晴らしく熱意あるブログを読んだことが発端でこのブログを書くことにしたと書いたのに、この終わり方ではあんまりだとは自分でも思う…。

でもなんか、私本当に、溢れるタイプなんですよ…。粛々と滔々と真剣に推しの良いところ語るみたいな、的確に解説するみたいな事が出来ない…。何故なら全部好きだから…褒め出したらキリが無いから…。

なんかさ、この間某番組でイモトさんが二十年来のファンをしている安室ちゃんにドッキリで会うやつを人に見せてもらったんですよ。イモトさんはすごいですよ。猛獣に追いかけられたり鬼ヤベェ山登ったりヘビ食ったりして、それで二十年越しにやっとお話し出来るんですから。

それ考えたら、え?私ってすごくめちゃくちゃに恵まれているのでは?ってなったんですよ。撮影券買ったら無料で推しと喋れるんですよ。大丈夫!?私ヘビくらいなら頑張って食べるよ!?ってすごい思ったわ。

ライブを観るといつも、これ自分に見合わない幸せだな~と思うんです。こんなに幸せにしてもらえるだけの頑張りを、私は毎日出来てんのかなって。ライブやるのに時間かけて沢山練習してくれて色々準備してくれて、私はチケットを買って会場に行くだけで、これは破格の幸せだなと思うんです。有り難いな~~~って。こんな最高の人を、人達を観れて、すげえ幸せだな有り難いな~~~って。そのために毎日頑張りてえなって、ライブ観ると毎回思います。

 

 

私のオタクとしてのスタンスは、いつでも彼の味方でいたい!というのと、彼らの行く手を邪魔しない!というのと、彼らに素晴らしいライブをしてもらう為に最大限の努力をする!という事です。

ヲタクはヲタクを楽しませに来てる訳じゃないんだから自分が最大限楽しめばOK!というのはやっぱり私は腑に落ちなくて、だって彼らはその会場に居る全員を幸せにしに来てるわけじゃん?だったら私もせめて前後左右周囲1.5メートルくらいには手に入れるべき幸せを確保してもらえるように心がけたいんですよ。「このオタク嫌だな…あ、緑推しか…」とか思われたら堪らんでしょ!?ステージから「わ~俺のヲタクやらかしてるわ…」とか思われるのも考えるだけで吐きそうでしょ!?だからも~~~~みんな幸せになろ!?!?周囲を幸せにしよ!?!?アンコールの時こそ最大限の声量を使おう!?!?バッグ肩から下げよ!?!?!?

 

って思うんですよ……綺麗ごとかもしれないけど……私大してライブ行ってる訳じゃないけどさ……幸せにしようとしてくれている彼らを裏切りたくないんですよ……ご新規のお客様に過ごしやすい現場だと思って頂ければ彼らの魅力をもってすれば沼落ちは難しくないと思うんです……正当な高評価を頂いてステップアップしてもらう足掛けにしてほしいんですよ……

綺麗ごとだな……分かってるんですけど、でも本気で思っているのでそれだけは信じてほしいです。

私の最大のワガママは、彼らに一日でも長くアイドルで居てもらう事です。悩んだり悔やんだり落ち込ませたりさせて、アイドルとしての寿命を縮めて欲しくないです。

だから彼らの未来が明るいものになるように少しでも協力したいと思うんです。大きなステージに立つことが彼らの幸せなら、絶対に叶えて欲しい。こんだけ幸せにしてもらったんだから、幸せになってほしい。

 

 

…………推しが人類の始祖とか言っているよりはまともに終われるでしょうか…。せめてもの悪あがきですね、本当にすみません、でも別にカッコつけて終わる為に言ってる訳じゃないのでご了承ください…。

 

 

推しの1年後にまた期待したい。夢を見たいです。てかもう見てます。

カップリングのWセンターと言わず、シングルのセンターになってるフォーゲルさんが見たい。ソロ曲も欲しい。

その場の誰よりも誰の目から見ても目立って喋って会場を沸かせてほしい。

テレビに出てほしい。舞台でもいい。ピンの仕事で輝いているのが見たい。

また何かの雑誌でグラビアを飾っているのが見たい。あの綺麗な筋肉を我々だけの目に触れさせているのは勿体ない!

 

無責任な希望や夢は言い出せばキリがなくて、だけどあの人は8月をまるまる全部ヲタクにとって最も神聖な祝日にするというとんでもない魔法を使う人なので、ネット上でくらい私も好き勝手言わせてくれ。

 

 

 

今年も元気に一年頑張ってください。

色んな理由つけてなかなか応援に行かなくてごめんなさい。

でも、行ける限り行きます。もっと来いって言っていいです。

たくさん踊って、たくさん歌って、たくさん喋ってください。

だけど、無理だけはしないでください。

程よく、休める時は休んでください。元気なのが一番です。

 

ブスだしデブだしキモオタだし喋るの本当下手だけど、

またたまにお喋りしに行かせてください。

フォーゲルさんはにこにこしていてくれればそれでいいです。

 

あなたの幸せをわたしの幸せだと言わせてください。

笑顔でいてください。私もなるべくそうするので。

未来を追っかけてください。貪欲に欲張りに夢見てください。

私もそうしているので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ~~~~~~~~~~~~~

 

最後の最後でポエマー出ちゃったァァァァァ~~~~~

 

 

恥ずかし!熱意しかなかった!やはり私にはダメだった!キモオタだった!キモオタとしては100点だった!!でももっとキモくないオタク目指してわたし~~~お願い~~~~

 

 

とにもかくにも!フォーゲルさんお誕生月おめでとう!!

美味しいスイーツとコーヒーに恵まれたお誕生月になりますように!!

 

 

 

〆ッ!!

すっごいのが出来たので見てくれ!!!!

2018年365日の運勢ランキングで365分の1位になったけど今年全然良い事起きてねえ!!!!!!!!!!!

 

 

こんにちは!お久しぶりです。お世話になっております、あまぞねす(4月14日生まれ)と申します。

 

このブログのURL開くのすら久しぶりで、今開いたら、『この広告は90日以上更新が無いブログに表示しています』が出てました!へー!そんなん出るんだ!知らんかったごめん!!

 

 

 

さて。それくらいにブログから遠ざかっていた訳ですが、皆さんに言いたい事がありまーす!\なーにー?/

 

twitter.com

 

 

 

やべえのが出来たぞ!!!!!!!!!!

 

 

 

などと、フォントサイズ大・強調太字というブログ力最大限に使ってこの心の声の声量を表現した訳ですが、いやあ本当に声を大に!大にして言いたい!すごいぞ!鍵垢で声を大にとかちゃんちゃらおかしいけど、鍵垢なりの大声!

非公式ファンブック「Fil Me」、これマジすごいぞ!!

 

そして何を隠そう、今ブログを書いているわたし、あまぞねすもこちらに広告コピー(21p)とコラム(58p)で参加させて頂いております。

宣伝乙m9(^Д^)!と言われればそれまでなのですが、参加者側から見ても本当にめちゃめちゃにすごくて人に見てほしいのだからしょうがない!

むしろわたしのコラムなど読まなくていいから見てくれ!ウソ!ちょっと頑張ったからチラ見てくれたら嬉しい!

 

 

 

  • 仕切りがすごい

いやぶっちゃけ本当に、本当に失礼な事今から申し上げるけれどもファンが作った非公式ファンブック!って、要約すると後ろめたくない同人誌って感じに聞こえるじゃないですか。しかしこれがで全然そうじゃない!すごいの!最初の依頼DMから個人向けの依頼書とか工程表とか!すっげ~の!

何かこう…作成しながら「これは…何かドやべ~ものが出来てしまう…」っていう、ドキドキ?そして「これは私は下手な事は出来ない…だってドやべ~ものが出来てしまうから…自分のブログじゃないから…」っていうハラハラ?多分この世の博士達がみんな感じているであろう高揚感と緊張感が、制作段階であるの。

そういう仕切りをして下さって、いや、本当にもう、プロの仕事っぽさがさ…すごくて…。

同人誌の空気感全然無くてホント…商業でええやん、商業で作ろうや…この人になら任せられる…この人にお給料払いたい…ってめちゃくちゃなりました。

世界中の同人誌アンソロの主催者が全員このレベルの仕切りをしてくれたら多分この世から商業誌が無くなるな…と思いました。

いや本当に……重ね重ねお疲れ様でした!ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

  • 完成品がすごい

これでも曲がりなりにも参加者なので、完成サイトを6/15の公開前に先行で見せて頂いておりました。

そしてそれを見た時のわたしのツイートがこう。

 

 

f:id:mariaamazones:20180616015358j:plain

 

 

いや言語中枢死んだんか。

 

鍵垢でこの発言はもう完全に病んでると思われるの道やん。その道しか無いやん。慌てて、「あっこれはポジティブな意味のヤツなので…」とツイートしたわ

語彙力を失くすすごさ!初見の感想が「すごい」と「やばい」の計6文字で、後から追うように「このドドドやべえ本に自分の文章が載ってるのは死あるのみ…」がやってきました。

これで知ったんですけど、Twitterとかブログとか自分が発信しているもの以外に自分の文章が載るってすごい恥ずかしいような照れ臭いような嬉しいような、そして死ぬほど死にたくなるものなのだな、と…。

「もうしませんから!もうしませんから許してください!!」みたいな気持ちになった…。いや全然するけど…全然したいけど…すごい楽しかったけど…所謂一つの…RIKIRYOUNOSA?

自分の中では納得がいったものを提出したのですが、本当にわたしというヤツは井の中の蛙だったのだなと思いました。もっと上手に文章書けるようになりたい…ウッ…(絶命)

 

 

……という個人的な反省はさておき、『Fil Me』!これ本当に中身がすごい!

先ほどの項目で形式的には同人誌みたいなことを言ったのですが、出来上がってみると予感していた通りというかそれ以上にもう全然そんな事無いのです!

まず、作りと構成が完全に本物の雑誌のそれ!世の中の茶推し達が野崎弁当JUNON事変の時に散々雑誌表紙みたいなコラしたけれども、見て!本当に野崎さんが雑誌の表紙だよ!!見て!ってバンバン叩いて見せたくなる出来!

広告のコピーもさせて頂いたし、仕様書のようなものも見せて頂いていたので間に広告が入る事は分かっていたのですが、この1コーナーごとに広告が見開きだったりで入るこの感じ、すっごい雑誌じゃないですか…!?カメラの広告とか時計の広告とか、『あぁ~分かるぅ~あるぅ~!雑誌で見るぅ~!』って感じでこれがすごいテンション上がった!

コーディネートのページとか、オススメメイクのページとか、占いとかアンケートとか、それぞれのページに実写がひとつも無いという事以外、本当に作りが雑誌!すごい!すごい雑誌!しかもすごいセンス良い雑誌!

イラストも本当に色んな描き手さんが居るだけあって、色んな種類、色んなタッチがあってな…。なんか…こう…本当ならこの描き手さん達だけで1冊作れるやん?それをこう…雑誌にするんです…よ…。すごいよ…。イラスト集じゃ終わらない、その枠を超えた事をしてるんですよ…。やば…言いながらやば…言語中枢死ぬやん…やばみがえぐい…。とうとみがしんどい…。

 

「〇〇っぽい」って時として良くない意味に捉えられるけど、全力で良い意味で言いたい。

めちゃめちゃ雑誌っぽい!!!これこれこういうの!こういうの読みたかったの!って気持ちにとてもなりました。本当にすごい!サイト見ながら、こ~れはweb書籍ですわ!!って言ったもん。

 

 

 

 

 

  • ファンの愛がすごい

いや~~~~結局これに尽きる!!

すでにこれを見てくれた方はもう分かると思うんですけど、この雑誌『Fil Me』は隅から隅までファンの愛に満ち溢れているのですよ。もうトッポもびっくり、長瀬くんもびっくりですよ。

愛がなきゃ作ろうと思わない。というのは勿論だけど、結局結果論、愛がなきゃ出来てない訳じゃないですか。作ろうという思いつきだけで終わらずに、このレベルのものを作りあげるのは愛の賜物としか言いようがない。

これだけのものを作るにあたって、給料が出る訳でもない、賞が貰える訳でもない、それでも作らずにいられなかったという企画立案者のふじこ様に本当に頭が下がる想いです。

頭しか下がらない。もう最早。頭埋めるしかない。

本当にすごい。感謝しかない。

 

 

勿論、ふじこ様以外の方の愛もホントもうやばい。はいまた言語野死んでる。

広告のイラスト描いた方とかコーディネートのイラスト描いた絵師さんとかはさ、完成図を考えるにあたってやっぱり、本物のめせもあ。ちゃん達に頭の中でそれを着せたんでしょ?立ち絵の革靴の艶まで思い描いたんでしょ?私自身、広告のコピーを考えるってなった時、『CMになる時は…』とか『実際にこのコピーを推しが言うなら…』とかめちゃくちゃに妄想しましたもん。端から端までどこをめくっても、ヲタクがメンバーを妄想しながら作ったものがめいっぱい詰まっている本という事だと思うんですよ、これは。

推しを妄想するってね~~もう愛ですよ。憎しみの中に妄想は生まれんのでね、そりゃあもう考えてる時はウットリした顔していたに違いありません。愛だな~~。

 

わたしがやっぱりね、特に好きなのが、アンケートで構成されたイメージ調査の「イルミィの色眼鏡」のページ。

このコラージュやイラストのセンス、構成力もさることながら、それぞれのメンバーに宛てられた愛が愛おしい。何様なんだって感じですが、やっぱり誰かを好きだっていうことが分かる言葉っていうのは愛おしいですよ。くるおしいほど愛おしいです。

読みながら、(あー、わたしアンケートで何書いたっけな…)って考えたりしたんですけど、これがびっくりするほど思い出せないんですよ

いや寝る前にふわふわしながら時間掛けて回答したというのもあるんですけど、何しろこのアンケート書いてる人ってみんなその人の事が好きじゃん?だからもう「分かる…」「わたしもそう思う…」って思ってたら、もうこれ全部自分書いたんじゃね?って思ってくるんすよ。と、同時に「あー!そういう考えもあるのか!」というのもあったりして…。読んでいて本当に笑顔にしかならなかった。

 

何様だお前誰だTwitterのアカウント鍵掛かってんじゃねえかどのツラさげてそんな事言ってんだって感じだけど、本当にこんなに愛感じること無いですよ。

何と比べてんだって感じっすけど、2度目の中野サンプラザのアニメパートで大きい声でみんなで「がんばれー!」って叫んだことを思い出しました。あの応援上映みたいだったやつ。

自分の好きなものを愛してくれるのって嬉しいじゃないですか。だからもう本当にこれ読んで、幸せだし嬉しかった。

わたしの好きな人達はこんなに愛されてんだな~って考えると、この雑誌胸に抱いて眠りたくなった。

 

全ての人にありがとうございます。これ、すげえ良い本です。ファンが作ったからイタいんでしょ?寒いんでしょ?とかカケラでも思ってる奴はその考え捨てろ!めっちゃイイから!!

だからまだ見て無い人いたらほんと読んで!そんで拡散して!たくさんの人に見てほしい!愛されてること知ってほしい!わたし今拡散力無いから!

おねがいおねがい!おねがい!

今世紀最大のおねがい~~><!!

あ~~~早くこれ本人たちも見て、ファンの愛感じてくれね~かな~~!

 

 

 

 

 

 

 

……と、ここまで非公式ファンブック『Fil Me』の最高なところを述べてきた訳ですが、ここからは一参加者として完成までの話をしたいと思います。

なのでここからはちょ~蛇足です!ちょ~蛇足ですけど書きます!たまに頑張ったから!ごめんね!

 

 

 時を遡る事4か月前、この雑誌の企画立案兼編集長にあたる、ふじこ様(@fujicoma)から『突然で申し訳ありません。お話ししたい事があるのですが、DMをお送りしてもよろしいでしょうか?』とのリプライを頂きました。

 

 

いやもう完全に怒られると思ったよね。

何をとかは思いつかないけど、存知上げないファンの方からDMしたいって言われたらもう完全に何か怒られると思いました。

過去に裏山の火事くらいの燃え方をした事もあるので(ネタにしていくスタイル)、「アーわたしなんかまた人の気に障ること言ったんや…なにか…無意識のうちに…アア…やっちまったんや…生きているだけで人を怒らせる天才…人を傷つけるパイオニア…生きててごめんなさい…」って、

もう完全に完全にマイナス方向に思い込んでチキって「これわたし何か怒らせたんだと思うんですけどどう思いますか…」って某さんに話したら「うん、これ私内容知ってるけど心配しないでDMもらって!いいから!大丈夫!」って言われて、それでようやくDMで「これこれこういうものを作ろうと思っているのですが参加して頂けませんか?」と言って頂き、やっと把握するという…。

 

いやもうめちゃくちゃに丁寧で優しいDMで本当に……本当にわたしはなんて失礼な勘違いをしたのかと…。

いやわたしが誰か傷つけながら生きてることは事実だけど(ネガティブ)、ふじこ様全然そんな怖いこと言う人じゃなくてな…もう申し訳ない事この上なかった…。

 

しかもわたしにそんな依頼するって事はですよ、どこでか分からないけれどもこのブログなどを読んで下さっているという事じゃないですか。

煽ったりイジったりする為以外に自分のブログ読んでくる人って神じゃん?つまりふじこ様って神じゃん?

そして読んだ上で外見ブタ内面チキンのわたしを評価してくれてさ…そんなの極神じゃん…優しい…恋しそう…。

 

そんな訳で、勿論わたしで良ければむしろ是非にと御受け致しまして、数日後に正式に「コラムと疑似広告のキャッチコピーをお願いしたい」とのご連絡を頂きました。

オ!?疑似広告ってなんぞ!?と思いながらもこちらも元気にOKの返事をさせて頂きまして、また数日後に詳細の依頼書を頂きました。

 

 

そして頂いたご依頼が

 

『フォーゲルさんをモデルとした飲料広告』

 ・エナジードリンクorスポーツドリンク

 ・ターゲットは~20代中頃の男性

 ・学生向けではなく、挑戦する社会人やアーティストに向けたかっこいいもの

 

というものでした。

実際の依頼書はこんな箇条書きではなく物凄いしっかりしたキッチリしたもので、そして商品も想像の倍以上にしっかりとしたイメージ決めて頂いていて、本当に考えるだけですっっっっっごいワクワクしました!

さっき愛が詰まってる云々の時にもちらっと言いましたが、「フォーゲルさんがモデルやるなら、フォーゲルさんの声で発した時にインパクトあるワードが良いな」とか「じゃあ文節短い方が強いな」とか、逆に「実際の商品は無いんだから本人にがっちり関連付けたいな」って架空である事を利用したりですね…。

これ考えてる時本当に楽しかった…。CMもわたしの中では完全に出来てるから…放送済だから…。想像する事って、妄想厨現実逃避勢のわたしにとって本当に呼吸みたいなものなんですけど、本当にこの呼吸めっちゃ美味しかった。アルプスで呼吸してるみたいだった。

 

せっかくしっかり企画書頂いたし、わたしも提案書めっちゃしっかりしたの出したい!と思って出したのが、エナジードリンク『WONDER』でした。

自分で説明すんのダセェとは思うんですけど、すまん!説明させてくれ!すごいワクワクしながら考えたから聞いてほしい!

 

まず、『WONDER』はフォーゲルさんの名前の由来であるあの曲から。意味は驚き・奇跡。由来とコラボするのめちゃドリームだから勝手に!

メインキャッチコピーが『跳び続けるチカラが欲しい。』。言うまでも無いかもしれないけど、あの子の「負けず嫌いな貪欲さ」、「翼があるような跳躍力」、「止まる事を知らないタフさ」から。デザインの都合もあるだろうから、言葉の切り方とか句読点とか弄ってもらって大丈夫ですとお伝えしてたけどそのまま使ってもらえて嬉しかった…。

サブキャッチコピーが『Go for yell.』。ちょっとお願い!ちょっと今頭の中で繰り返し言ってみて!ゴーフォーエールって早口で何回も言って!フォーエールのとこ重点的に!ちょっとフォーゲルっぽくならない!?という狙いでお名前もじりたかったので、本当は語感的にフォーとゴーを逆にしたかったのはやまやまなんですけど、「Forgo」って諦めるって意味になるらしいです。くっつけなきゃいいんですけど字面的にどうかな~…と思って。ほんで、意訳だけど「声援の為に進む」みたいな。サブキャッチ無くても良かったんですけど、なんか色々こちゃこちゃやりたくなるのが自分…。

 

って感じで提出してオーケー頂きまして、広告デザインをふじこ様に、そして絵師の内村昊様にめちゃくちゃにはちゃめちゃに格好良いイラストを付けて頂きまして…。

なんかもう夢叶った…みたいな…。今までそういう仕事をしてみたいと思った事無かったけど、なんかもう出来のカッコ良さに夢叶った気分になった…。正直言って調子に乗りそうになった…すげえわたしすげえんじゃねえかって思いかけた…。

 

いや本当にすごい楽しかったし幸せだったし嬉しかった;;

絵師の内村昊様にもこの場を借りてお礼申し上げます…本当に素敵なイラストをありがとうございました…好きです…。

鍵垢人間のブログではどうやっても届けられないかもしれないけど…本当にかっこいいフォーゲルさんを描いて下さって本当にありがとうございました…!

 

 

 

ほんでありがたい事にもう一個!コラム!

こちらのご依頼テーマが

 

 

「アイドルとしての戦闘力、商材の価値」

アイドルのもつ精神・経済効果 ──!

現在のアイドル戦国時代の背景を用いながら ──!

彼らの他のアイドルに勝っている点、劣っている点、特異点 ──!

これからへの期待 ──!メジャーとしてやっていく事を前提に ──!

 

 

 

こ れ は や ば い 。

 

いやもう、本当にこれはやばいの一言に尽きた。

あまりにもテーマがこう…カチッ!としていて、えっこれ下手な事やるとわたしまた燃えるよね??えっえっどうしよう逆に燃えに行った方がいいの??こんな??こんな難しめなテーマ??わたし文筆ド素人だけどそんな??えっ待ってやばいわたし嫌われてる???

という具合に相変わらずすぐネガ極論に走りまして青褪めまして、某さんに「こんなご依頼だったんですけどわたし嫌われてるんですかね…」って相談して「いや結構わたしも堅めテーマだから!!」ってフォローされてやっとポジティブに。

いやこれは全然ふじこ様への文句とか悪口とかでは全く無く、テーマとしてそりゃもうしっかりとしていてわたしも他人がそんなテーマで彼らについて書いていたら読みたくなるんですけど、でも、でも書くのわたしなんですけど本当にいい!?!?!?!

 

……と、それはもうウンウン唸った訳ですが、テーマもですが何より苦しんだのが文字数。

雑誌の中のコラムだし、わたし一人がコラム頁持つ訳じゃないので勿論文字数には限りがある訳で、ご提示いただいたのが700字というもの。

いやもう…………足りん!!!!!

このブログをここまで読んでる方なら分かるけど、わたしゃ常に常に何事もダラダラと書く人間なんですよ!だからもう本当に、700字でこのテーマで彼らについて語るって本当にもう、野菜で出来た洋服を作ろうと思うので針穴に大根を通してくれ、くらいに無理!ってなりました。

ゼロ一個足して7000字…いやそれが駄目ならもう一個足して70000字でもいい…!ダラダラと書かせてくれ…!となる意識の低さ。

なので作業中に「でもな~…70000字も苦しみそうだけど間にカフェで出会う男女のショートストーリー3編くらい入れたらイケるやろ~…」と書いてる途中で脱線しまくるなどしました。そんなショートストーリーはわたしには書けない。

それでもどうにか700字にまとめきりまして、提出。今見返すと本当にもうもっとどうにか上手く書けたんじゃないかな、誰か傷つけてないかな笑われてないかなって不安になるばかり…。

 

そしてここまで読んでお気付きというか、うすうす感じてると思ったでしょう?

いや、そんなテーマだとは思いませんでしたわ…

って、思ったでしょう?分かるぅ;;わたしもそう思うぅ;;

本当にもうね、書きながら分からなかったんですよ…何が正解か…書きながらどんどんテーマを見失うの…プロのライターさんってすげえんだなって心から思いました…。

 

それで正解見失ったわたしが選んだ答えが、「ふたつ回答を提出する。」でした…。もうご迷惑掛ける事は承知で、どうしても決めきれないふたつ書いて編集長に選んでもらおうって…。そうなりました…その節は大変ご迷惑お掛けしました…。

そして、そう。お気付きです?この手ね、某さんもおんなじ事してたの。

いやもう聞いた時笑いましたよね…どこまで似てるんだ私達って…。だってねえ…優柔不断なんですもんね、私達…。

 

最初は本当にテーマに沿って真面目に書いていたんです。カチカチに。雑誌とかで音楽ライターが書いてるようなカチカチの、どちらかというと評論に近いようなコラム。

でもどんどん、これ、お前、誰だ…?ってなったんですよね…。趣旨には合ってるかもしれないけど、これってわたしか?って。

で、このカチカチの方は先に書きあがったものの提出のボタンが押せず、A案。

わたしと言えば!わたしの文章、わたしのブログと言えば!暑苦しいくらいの熱量では!?もしふじこ様がブログを読んで下さった上でお誘い下さったのであれば、求められているのはそれでは!?熱量では!?フィジカルデブなメンタルデブによるデブ相応の熱量と圧迫感では!?……と、一気に書ききったのがB案。

このA案とB案を提出しました。他のコラム書かれてる方の文章の雰囲気もあるかと思いますので…とお願いして、完成したものに掲載されていたのはB案でした。

 

いやー…もう…ほんっとに…嬉しかった……。

A案もね!?納得して書き上げたんですよ!?だからどっちが選ばれてもいいとは本気で思ってたけど、思ってたけど、それで選ばれたのがいつもの自分なの、マジ嬉しかった…。

クズでもクズなりの承認欲求があってさ…それをああいうすごい人に選んでもらうのは本当に嬉しいよ…365分の1位、ここで使ったわ…みたいな…。

 

 

という感じで、提出まで済みましてわたしのメイキングは終了。

最後の寄稿者による一言のページ書いてる時は、わたしというヤツは本当に字も下手だし絵も描けねえ…わたしは駄目だ…っていう最後のネガティブを発揮しましたが、終了。

いや~思い出しても本当に楽しくて幸せでした!自分がやることの中で文章を書くのが一番大好きで、唯一人に褒められる事がある事だからさ、こうして文章を書いてこんな立派な本に残せた事は、大変恥ずかしく照れ臭くもものすごく幸せでした。これで悔いは無いです。…え?死ぬんかなわたし?いや死なんよ!推しが武道館に立つまでは少なくとも生きるよ!

そして、このビッグネーム様達と名を連ねる事が出来た事、この本に参加してざわざわに一瞬参加出来た事は完全に自慢します!!わたしの知り合いは自慢話を聞いてください!!しばらく言うので!!

 

返す返す申し上げますが、これを作ろうと思って実行したふじこ様は本当にすごい。

わたしの何千倍もの作業があって、日々の生活もあって、それでこれだけのものを作ったのは本当に何らかの実質的な恩恵をしっかりと受けてほしいと思うばかり…。

だから、わたしのことはいい!!!!ふじこ様をもっとみんなめちゃくちゃに褒めてくれ!!!!!!!わたしは人を褒めるのが下手だから駄目だ!!!!!!!フヒョ…すご…まじ…フヘ…ってなるから!!!!!!今このブログを書くのでMAXだから!!!!!!ふじこ様の知り合いの方は会うたびに言って!!!!!ほんとすごいって言って!!!!!わたしの分まで伝えて!!!!!

 

本当に本当に、お誘い頂きましてありがとうございました。

リプライ頂いた時に心折れなくて本当に良かったです。

物凄く幸せな愛の詰まった本の一部になれて、光栄で幸せです。

何度言っても足りないくらい、ありがとうございました。尊敬します。

現場被ったらよろしくお願いします。(敬具)

 

 

 

さて!最後になりますが、没となったA案を供養して終わります!

実際には掲載書式に合わせやすいよう改行無しで作成しておりましたが、ブログなので読みにくいので改行いれつつ。折角なので!

ここまでお読み頂きありがとうございました~(^O^)!!

 

 

 

 

 

~~

 

 MeseMoa.がアイドルとして上を目指す為の武器。それは、彼らが『初めからアイドルでは無かった』事に尽きると思う。

 彼らの始まりはニコニコ動画の投稿者である。他のアイドル達とは程遠いスタートを切ったと言っていいだろう。しかし、彼らがそうして“想定外”のスタートを切ったから得たものが彼らにはあるのではないだろうか。

 まず、動画投稿者がアイドルに“なっていく”歴史だ。例えば、彼らを今現在目にした、“ファン未満”が居るとする。気になって彼らを検索する事もあるだろう。他のアイドルでは、検索して出てくるのはデビュー後の活動がほとんどだと思われるが、彼らはそうではない。

アイドルになる前の姿、アイドルになっていく姿、そしてアイドルになった姿も、いつでもインターネット上で追いかけられる。つまり彼らは、好きになるのに遅すぎるという事が無いのだ。

 次に、彼らの関係性である。彼らは志しを共にして集められた年齢の近い似た者同士、ではない。同じ動画投稿者という繋がりの、出身も年齢もどこから見ても不揃いな『友達同士』だった。彼らが不揃いだったからこそバランスが取れ、その多様性が生まれ、時と共に親友の様な関係性が築かれたはずだ。

 最後に、彼らが他のアイドルよりも『素人』の感覚を肌で知っているという事。ニコニコ動画で「踊ってみた」の投稿から始まった彼らは、今も変わらずどこか“オタク”である。ゲームやアニメ、それからアイドル。ジャンルは様々だが彼らは皆どこか、アイドルらしからぬ部分を持っている。

 だから彼らはファンが共感出来、ファンに共感出来るアイドルなのだ。私はそんな彼らだからこそ応援したくなる。遠回りして来たからこそ、彼らは今その武器を手にしているのだ。

 

 

…………

 

 

 

堅っ……

CFTMが面白かったのでわたしの妄想にとって都合の良い妄想の話します

右足がここ2週間くらい痛いのですが病院に行く時間とお金を惜しんで行かずにネットで症状をググったのですが、足が腱鞘炎になっている疑惑があります。

 

お久しぶりです、あまぞねすです。大半の体表の痛みはオロナインとサロンパスでどうにかなると信じています。

 

 

 

さて、このブログを書く為にまた久しぶりにはてなブログを開いているのは他でもありません。

『CRY FOR THE MOON~月に捧げる唄~』 観劇させて頂きました…!!!

いやあ本当に素晴らしかった…。ご存知の通りめせもあ。さんが大好きで観に行ったんですが、他の出演者さんも本当に魅力的だし、めせもあ。さんの新しい可能性と魅力を魅せてもらえました。一人ひとりのキャラクタがすごくよくハマっていて自分のものになっていたと思うし、「この人ってこんな事出来たんだ」「この人の武器がこんな場面で活かされている!」と感動しました。舞台を観ているだけで彼らが色んな事を学んで吸収しているのがよく分かるし、良い現場だったのだなあと期間中の日頃のツイートやブログ、そして舞台そのものを見てもよく分かって、本当にこの制作陣、出演陣、そしてこの作品と彼らが出会えた事に感謝しかありません。本当に人の運のある子たちだなあと思います。日頃の行いがめちゃくちゃ良いんだろうなあ。知ってるけど。

 

 

 

 

……というしみじみとした感想もそこそこに、本題へ。

この『CRY FOR THE MOON~月に捧げる唄~』(以下、CFTM)という舞台、登場人物の魅力や演技やお歌の技術もさることながら、物語がとても深くて面白い!

多くは語られない、気持ちの良い不透明さ、というか、含みのある余韻、というか、考えれば考えるほど「あれはああなんじゃないか?」「ここがこうだからああなんじゃないか?」という発見があって、まさに何度でも繰り返し観たい物語!早くDVDをくれ!

 

というわけで、たかだか2回程度観たくらいで考察なんて偉そうなことは言いませんが、わたしなりのわたしが思った「これってこうなんじゃないか?」という妄想をべらべら偉そうに語ります。

言い訳になりますが、私氏はネタバレ絶対にコロスマンなので公演期間中マジで全然人のツイートを見ていません。そしてこれを書いているのがわたしが公演を観た12/25の翌日(何日まで書いてるか分かんないけど)なので、公演期間後も見ていません。まあ私がTwitterしてないってのもあるけど。そのため、以下の妄想は誰かの妄想にケチつけたり反論したりするような意図は全く御座いませんのでご了承下さい。

そして、私氏はネタバレ絶対にコロスマンですが、以下では、絶対コロサレネタバレマンになり果てています。DVD出るの楽しみにしてるんだー♪って方はくれぐれも読まれないよう、ご注意下さい。

では、よろしくお願いしまーーす!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……さて、とはいったものの、どんな風に語るべきか、いくつか考えていることがあるばっかりに説明が下手なわたしではどうにも組み立てる事が出来ません。ので、結論から申し上げますと、

「月の人たちって、みんな地球からの移民なんじゃないか?」

という妄想です。

その自分の中の結論の妄想に基づきまして、どうしてそう考えるに至ったかを以下でそれとな~く説明してみたいなと思います。

 

 

 

まず引っかかったのが博士の歌で語られる三種の神器の内のひとつ、『竹型瞬間移動装置』でした。

天の羽衣、不老不死の薬は分かる。ファンタジーの世界でも理解出来る。よく聞く、よく聞く。

それが急に瞬間移動装置とか言うから、めっちゃSFやんって思ったわけですね。ここからずっとわたしの中では「なるほど、月は近未来なのだな」と思いながら観劇していきます。

が、それですら間に合わない事が出てきます。言語です。この物語上では月の人たちは「タブー」とか「バンブー」とか横文字を頻繁に使うシーンが出て来ます。(※いとエモしの事は一旦忘れて下さい)歌の歌詞もそうです。月が近未来の世界でだから月の科学が発展しているのは分かる、けど、言語はそうじゃないんじゃないか?ていうかどんな化学を集結させたら月と地球の瞬間移動装置が出来るんだ?いや天の羽衣も不老不死の薬もそうだ。地球の歴史でもそんなの全然まだまだ無理だぞ?てことは、

これって、地球が一生を終えた、その先の話なんじゃないか?

と、思ったわけです。

近未来どころか、それくらいの遠未来だとしたらどうだろう?そしてそれに伴い、地球から逃れた数少ない人達の暮らす星が月だと考えると、わりと自分の中で納得がいくことがいくつかありました。

 

 

まず、天の羽衣です。

これはかぐや姫が地球から月へ戻る際に着せて、地球での記憶を消すのに使いました。が、物語の中でそれが本当は偽物だった事が明かされます。

ですが途中、朔夜様御一行の話を聞いていたので、わたしはンンッ!?となりました。

「この中で地球に行った事がある者は?……全員一度だけ。かぐや様をお迎えに行った時だけだ」

これがもうおかしい。かぐや様に使われた天の羽衣が偽物であるならば本物が無ければいけないのに、地球へ行った事は誰もなく、使うタイミングが一度も無いのはおかしい。誰も使った事が無いのにその効果を本物と信じる事が出来るでしょうか?

つまり、使った事があるのです。そしてそれを、誰も覚えていないのです。したがって、自らがその体験者なのではないでしょうか。

彼らの祖先が使ったのでは?と思う方もいるかもしれませんが、わたしはそうは思いません。だって彼らは他ならぬ月の皇子の教育係で不老不死なのです。誰一人として地球へ行った経験が無いのに、教育なんて出来るでしょうか。わたしが皇子の教育スタメン組むなら、絶対それぐらいのベテラン入れるもん。

 

第一、その話が本当なら竹型瞬間移動装置も、かぐや様を地球へ送る時に初めて使った事になります。

する?そんなん?しなくない?いくら大発明でも、未知の装置に大事な姫乗せなくない??

竹型瞬間移動装置が確実なものだと分かっている。本物の天の羽衣があることを知っている。これはつまり、「地球と月を行き来した経験が、かぐや様の件を差し置いても1度以上ある」という事になるんじゃないかな~とわたしは思います。

 

 

さて、次です。

今度はこの説を基に「月に住むメンツは皆かつて地球に住んでいたが今は月で暮らしている」というところから考え始めましょう。

さっきはそうはいったものの、これではやっぱりおかしいところもあります。天の羽衣が本物かどうかも竹型瞬間移動装置が本物なことも、誰かがそれを目で見て経験していなければ主張出来ないわけです。じゃあ誰かが嘘を吐いているぞ、誰かは全てを知っているぞと思った時に引っかかるのはここです。

「腰が……腰が……!!」

そう、賢者です。いやそこかい!って思った人もいるかもしれないけど、この台詞っておかしいんです。

だって彼らは不老不死で、薬をひとたび飲めば若返りはせずとも年をとることは無くなり、病気にもならないわけです。

なのになぜ、賢者は腰痛持ちなのか?ピッチピチの健康体の若い姿で自分の時間を止めなかったのか?

で、わたしが考えたのはこうです。賢者が健康体の若い姿の時にはまだ、不老不死の薬が完成していなかったのではないか?……と。

 

 

 

という感じで、今度は賢者について考えていきます。

賢者には名前らしい名前がありません。(この辺りはまあ、月の土地の名前が云々もあるしそれだろうなって思ってはいるけど一旦この妄想においてはパスだ!)そして、博士も同様です。

なんでかなと思うし、この二人にはただならぬ空気感があるなというのは観劇した人ならわたしだけじゃなくとも多少は感じたんじゃないかなと思います。美味しい!

さて、何故無いのでしょう。で、移民説を考えていたわたしの考えたのが、賢者と博士こそ、月の民の始祖なんじゃないかというものです。

 

おかしなことはまだいくつもあります。何故かぐやは地球にあれ程興味を持ったのか?何故博士は愛しいかぐやを地球へ送ったのか?何故かぐやと帝が愛し合うより前にかぐやを月へ連れ帰らなかったのか?何故弓弦を地球へ置いて行ったのか?何故帝に不老不死の薬を渡したのか?何故、月には団子が無いのに酒はあるのか?

 

なんかもうそろそろいちいち説明するのが面倒になりました。(クソ)

なのでここからは一気にわたしの結論的妄想です。話半分で細目で聞いて下さい。

 

 

 

前の地球が滅びるより少し前、賢者と博士が新たな安住の地、月に瞬間移動装置で辿り着きます。

きっと二人以上にたくさんの人が居たかもしれませんが、ゼロから月を開拓していく中で、犠牲もありました。(という事にしておいてください)

博士の一族は科学者で、天の羽衣・不老不死の薬を開発していました。それらもなかなか完成せず、薬の完成後それを口にし、永遠の命を得たのは博士と賢者だけでした。

博士と賢者は地球での争いや人の醜さを忘れず、月に新たな国を築く事を決めました。

彼らはその為に、瞬間移動装置で優れた地球の民を選び、呼び寄せました。

呼び寄せた地球の民はいずれも天の羽衣で地球での記憶を消され、名前を付けられ、不老不死の薬の服薬を続けながら月の民として暮らし始めます。

そうして地球の最期に地球から連れて来たのは、世にも美しい女性でした。

女性は他の地球の民と同様に天の羽衣で記憶を消され、選ばれた地球の民からの教育を受け、女性「かぐや」は姫として育てられていきます。

そうしてある日、かぐやは「地球へ行きたい」とゴネ始めます。

かぐやを愛していた博士は、彼女を月の王国の頂点として置く為、月の未来を支える研究者である自分は身を引くことを決めていました。

しかし、愛しているからこそ、月の民の中から彼女の伴侶となる相手を見つける事が出来ませんでした。

そこで、彼女に選ばせる為に、月を繁栄させる為に、かぐやを生まれ変わった地球へ送りました。

そこでかぐやは、帝に出会い、皇子を身ごもりました。

 

 

 

 

な~~~~んつってな!!!!

 

あまぞねすさん大丈夫?妄想が過ぎない?って思った人いると思うけど、ご存知の通りこれがわたしの通常営業だよ~~い!!頭の中にお花が咲き乱れているんだよ!そうだよ!憐れみの目はやめてくれ!!

 

しかし、こうやって考えると、わたしの中で腑に落ちたといいますか。

皇子を身ごもった時点で月へ帰された事で、それこそがかぐやを地球へ渡らせた最終目的だったんじゃないかなとか(博士は科学のみならず生物の教育者だしね。)、単なる食べ物のひとつであった団子は月に文化として残らなかったけど嗜好品であるお酒は残ったんだろうなとか、そんな事を考えました。

 

あとずっと、なんで帝のお衣装は白なのかなって思ってて。どうしてわざわざ月の装束と同じにしたのかなって思ってたんですが、これってこれこそザ・妄想なんですけど、帝って『いずれ月の帝になるべき御方』だったんじゃないかなって思うんですよね。妄想だけど。

帝が地球での役割を全うした後、帝を月に呼び寄せ月の王国を治めてもらうつもりで不老不死の薬を渡し、弓弦を傍に置いたんじゃないかなって…。じゃなかったら、本来月の皇族を守るべき弓弦がいくらかぐやに言われたからって地球に残る必要は無いんじゃないだろうか。

ほんで、かぐやの記憶を消さなかったのも、『帝を想い続ける為』だったんじゃないかな。ていうかすべてを丸く収めたければ、帝に贈るのは不老不死の薬じゃなくて、天の羽衣なんじゃない?って。双方の記憶を消せばオールオッケーなんじゃない?天の羽衣がそんな都合よく記憶消せるかは分かんないけど。

だけど博士の目論見は外れて、帝もかぐやも時の流れに逆らわずに老いる事を選んで、博士は罪の意識もあったろうし、愛する人老いて行く苦しみもあったろうし、誰にも明かせない苦しみもあったろうし、それでもうどうしようもなくなっていたところで今回の事があって感情の吐露も出来て、かぐや様を救う事が出来て、これで博士の罪悪感が少しは救われたのかな、と思うと、少しほっとします。

 

賢者が歴史の先生なのもこれで説明つくかなーと思うんですがどうでしょう?

わたしはやっぱり賢者っていうくらいだから、本当は何でも知っている人じゃないかなって思うんですよね。

賢者って聞くとスマートで知的で落ち着いたイメージなのに、実際はあんだけキュートで落ち着きのない人っていうのが、実は一周周り回ったからっていうの、最高にときめきポイントでは??

 

あと弓弦!私の中で血が出るまで頭掻き毟りたくなるシーンである、静との薬を飲む飲まないのシーン!

あれがまた深くて、あのシーン、静は弓弦に薬を飲むようにって渡すんですよね。病床にある帝に飲ませるべきだと言うわけではなく。

これ実は時間として弓弦はかぐやが月に帰ってからの30年だけではなく、かぐやが地球に来てから帰るまでの約4年(3寸の赤子から大人になるまで3か月+求婚されている期間が3年余り)あって、不老不死の薬の効果は20年~30年なので、この間全く薬を飲んでいないとすれば、弓弦の肉体は確実に地球で加齢しているわけで、だからあの時静の目に映る弓弦は月に居た頃よりも年を取っていて、それをあのクールで生意気な静がは心配して……アアアアアアッ…!!!(血が出るまで頭を掻き毟る)

ちなみにわたしは、弓弦は月に帰った後は再び薬を飲んだ説を推したいです。忠誠心の厚い弓弦は帝、上様の最期を見届けた後は今度はきっちりその忘れ形見である朔夜の為に尽くしたと思っています。

 

 

 

 

はぁ……いやもう色々他にも考えた事があったと思うんですが、思いつくままに今言えるのは以上って感じ…。多分書き漏れあるから「これがあるのになんで?」みたいなところもあると思うし1週間後にもう一回この記事見たらおいおい言ってる事違うやんけって事もあると思う…自分自身この物語に妄想的余白が有りすぎてまだ語り足りて無い気がするし、見る度に新たな発見があると思うから早くDVDくれ…早く…そして上映会と考察会をさせてくれ…。

 

毎回ブログ書くたびに恒例ですが、果たしてここまで読んでいる方がいるんでしょうか?度を超えた妄想に振り落されずに何人ここまで辿り着いたんでしょうか?もしも辿り着いた人の中で「あれはどう思います?」みたいな事があったら、ぜひともわたしにも討論させてください…討論と妄想は紙一重だから……。

 

 

とにかく最高の舞台だったぞCFTM……たくさん妄想して申し訳なかった……くれぐれもこれがいち目撃者の妄想である事は忘れず、またDVDでみんな楽しみましょう…。

全体的にこの記事は「そ~うだったらいいのにな~♪そ~うだったらいいのにな~♪」って手拍子と共に歌いながら書いたと思ってください。

 

以上!CFTMのみんなに再び会える日を夢見て!!シメッ!!

 

白服さんが見る世界の一部になりたい。

※この記事はブログ主、あまぞねすの主観で書かれた、「このメンバーのここが好き!」というものをつらつらと綴るブログです。

内容には書き手の個人的な考えや妄想が含まれている場合があり、気分を害してしまう事があるかもしれません。お読みの際にはくれぐれもご注意下さい。(でも全年齢向けだよ!)

 

 

 

 

 

f:id:mariaamazones:20170902153711j:plain

白服

メンバーカラー:イエロー

身長:170センチ 体重:58キロ

血液型:A型

誕生日:10月16日

好きな食べもの:アボカド

趣味・特技:映画鑑賞・映像編集

愛称:白服さん、しろろ

MeseMoa.の創設者でありリーダー。トラフィックライト。では黄色信号担当のサブリーダー。Perfumeのフリコピユニット『Perfumen』としても活動しており、2013年第2回Perfumeダンスコンテストでは極(完コピ)部門グランプリを受賞した。

 

~その他白服って誰ぞ?の人向けのいくつかの情報~

・アイドル活動時とプライベート時のギャップが激しく、プライベート時を“オフ服さん”とよばれる。ファンにバレない

・ガッチガチのハロヲタである

・実家は静岡にある中華料理店「天心」である

・美意識が非常に高い

・極度のビビリである

 

 

 

 

f:id:mariaamazones:20170902153740j:plain

f:id:mariaamazones:20170902153752j:plain

f:id:mariaamazones:20170902153806j:plain

 

白服さんのお母様、ありがとう……

 

すごい、すごいお目目の中に光を溶け込ませてるじゃないですか…こんなに目ってうるうる光るの…漫画でしか見た事ない…めちゃめちゃ女子が羨むやつじゃん…。何のアプリ使ってんの?同じアプリ使ったらわたしも目うるうるに光る?え?目が小さいから無理?分かる!!(号泣)

わたしの妹ってめちゃくちゃに毒舌なんですけど、その妹でも「白服さんって歌上手いし顔キレイだし女装可愛いし……黒い以外マジで完璧じゃない?」って言ってましたからね。うるせえ!って言っておきました。

 

 

 

 

白服さんの何が最高に面白いかって、そのオンとオフのギャップというか、落差というか温度差というか。そういうとこです。

アイドルしてる時はハッとするくらい美しく格好良く神掛かっているのに、いざステージを降りるとオタクで虫が苦手でビビリって、いやあるじゃん?漫画とかでもめちゃくちゃ格好良いキャラクタがビビリとかよくあるじゃん?

でも白服さんって現実の人物で、しかもそのオタクさやビビリ感がめちゃくちゃにリアルなんすよね。

 

youtu.be

 

f:id:mariaamazones:20170902153948j:plain

 

この顔はマジでヤバイって白服さん…。

しかもめっちゃアイドルTシャツ着てるし、本物のビビリだし…。

 

 

そしてこの差を確かめる為に今度はアイドルの白服さんを見てください。

youtu.be

 

いやこの温度差グッピーなら死ぬわ。

 

戦ってるよー!!!

ゴキブリとは戦えなくても、アイドルの白服さんはアイドル戦国時代でめっちゃ戦ってるよー!!!!

そして対あおいさんへのデレデレさですとか、ハロプロアイドルへの熱の上げ方ですとか、そういう白服さんの垣間見えるオタク感も、イジらずにいられないめっちゃキュートな困った顔も最高に面白くて、元々神と同義くらいの神聖さがあったけれど、最近はメンバーもガンガンにイジってくることもあって、めちゃくちゃ親近感が沸いているし本当に面白さに気づかされる毎日です。ほんでこのリーダーめちゃめちゃメンバーに愛されてるなーと思います。

 

 

シロロのキモモな部分ばかりをフューチャーしていますが、そのギャップを与える白服さんのアイドル力の高さについても話さないわけにはいきません。

youtu.be

やだ…この人ずっと綺麗…。

これ、この動画めっちゃ好き…。今また再び同じようなコンセプトで撮影をしてほしい…。

youtu.be

いやどの動画見てもさっきのゴキブリ怖がってる白服さんの動画思い出しちゃうわ。すごい…これが同じ人なの神秘では…?カワイイ…。

このビジュアル、冒頭でも述べましたおめめのキラキラさ、美しいアイドルスマイル、これはザ・アイドルだなと思うわけです。

ステージでのお歌にしたってダンスにしたって、人に見られることを意識された隙の無さ。練習量がうかがえるなといつも思います。

で、白服さんはこの記事の初めの方で載せたお写真もそうなのですが、写真映えが本当に素晴らしい。どの写真見ても「白服さんだけ解像度違うのでは??」と思うくらい、キュートでお美しい。

これってめっちゃアイドル力だよなー。さすがだなー。

 

 

 

そしてそれは同時に白服さんのアイドルとしてのプロ意識の高さも感じさせられているのです。

オンとオフが丸きり違うっていうのだって、笑い話みたいに言うけれど、それってアイドルしている時、めちゃくちゃ常にスイッチ入れてアンテナを張っているって事じゃないですか。

そんなの当然って言ってしまえばそれまでだけど、白服さんは絶対にどんなステージでも手は抜かないし、スイッチ切れてない。円陣を組んでメンバーを鼓舞している映像、何回観た事か。

いつも見ているわけでは無いわたしの妹からも「完璧」に見えるほどの気の張り方。アイドルとしてのプロ意識。それはどの想像をも越えるものだと思います。

 

それから、白服さんのその言葉の力です。

白服さんはリーダーだから、事あるごとに大事な場面で言葉を発してくれます。

白服さんはアイドルであるのと同時に、アイドルを応援するファンでもあって、だからこそ紡げる言葉、考えられる想いが他のアイドルとはまた違うと思います。ファンから見た自分たちを律して、それがどんなに言いづらくても白服さんはMeseMoa.の歴史を前に進めるために大事に大事にいつも向ける言葉を考えてくれているってわたしは思っています。

発されるその言葉の重みはいつも呼吸が止まるほどで、脳どころか心臓まで揺さぶられるほどで、わたしファンなんですけど、ただのファンなんですけどでも、

「この人ならついて行ける」

って心から何度も何度も思いました。

これが心に響くってことか、とビリビリしながら感じています。

 

言葉に本物の力がある事を、アイドルを好きになって知りました。

ありがとう。

 

 

 

 

言っても言っても言い足りないけど、わたしはむすめん。を、そしてMeseMoa.を好きになって本当に幸せです。

こういう節目の日だからたくさんの人が同じように発信していると思うのですけれど、何故彼らが好きなのか。彼らにどうしてそんなに魅力があるのか。

それについて考えた時、わたし最近辿り着いたのですけれど、MeseMoa.ってアイドルなんですけれど、少年漫画なんですよね。

 

最初はみんなたった1人の、普通の男の子で、

それが新しい世界に出会って仲間を見つけてチームになって、

自分たちで憧れを見つけ、目標を設定し、

そして、それに向かってみんなで突き進む。

目標に到達すると、彼らにはいつもご褒美があって、

「がんばれば成し遂げられる」を教えてくれて、

苦難にも別れにも何度もぶつかって、

それでも何回も目標を設定して、

夢をみて、立ち向かい、励まし合い、

何度も何度も、どこまでも進んでいく。

 

少年漫画ですよ。こんな青春ってないですよ。

そりゃあ夢も重ねちゃいますよ。月刊誌や単行本買うみたいにチケット買っちゃいますよ。だってこの彼らの行く末が観たいんだもん。すごい物語を、これまで何度も何度もずっとずっと見せてくれてきたんだもん。

 

しかもすごいことに彼らを応援していると、わたしはその少年漫画の、彼らを応援するモブになれるのです。

大好きな物語のほんの1コマの切れ端にでも映れる、キラキラに輝く彼らとお話が出来るのです。

 

そして、少年漫画みたいな彼らは、現実に生きている。

悟空もルフィも銀さんもナルトも実在しないけど、MeseMoa.は存在して目の前で歌って踊って喋って笑って、感情すらも見せてくれる。

 

こ、こ、これすごくない…?わたしすごい事だと思うんですよ。

だってアイドルになりたいとか有名になりたいとか、そういうのってやっぱり途中で手放しちゃうもんですよ。ていうかこんな格好良かったら芸能事務所に入った方が手っ取り早いのでは?とか思ったこと一ミリも無いって言ったらウソになります。

それが、彼らは自分たちで自分たちの道を決め、自分たちと仲間の力で前に前に道なき道を切り開いているんです。

しかも彼らの出会いは偶然で、なのに、

天性のスーパーアイドルの素質ある少年が居て、

アイドルに憧れてダンスを磨いたダンサーが居て、

無個性なんて言ってたのに誰にも負けない個性を手にするワンコ系が居て、

一目を引くけどそれをひけらかさず自分を強く持ったイケメンが居て、

みんなを温かく包み導き自らも努力を続ける怪物が居て、

何度でも立ち上がりその才能をどこまでも発揮するアスリートが居て、

周りを愛し人を愛し、だけど孤独が苦手な王子様が居て、

自分の世界を産み出しながら誰より先を見つめる天才的ディーヴァが居て、

そしてそれをまとめる、言葉に力を与える事の出来るチームを愛するリーダーが居る。

そんな彼らを支え、導き、鼓舞し、ともに走る仲間も居る。

 

これやばくない?偶然って信じられる?神様、居るよね?

たくさんの人が言ってると思うけど、MeseMoa.ってオタクにこそ見て欲しいアイドルなんだ。

憧れや夢がぎゅうぎゅうに詰め込まれて、それを目の前で魅せてくれるすげー人達なんだ。

絶対これ、観た方がよくない?軽率に言うけど、これって絶対運命じゃない?

 

だから、白服さんって神様みたいな人なんですよ。

こんな奇跡を起こせる人なんですよ。個性豊かなメンバーをまとめて、全員で前に進む事が出来る、そんなグループのリーダーがわたしの神様にならないわけがないんです。

わたしはどこまでも彼らに夢を見るし、そして何度もこれまで叶えてもらったし、そのたびに何度も「ああ、大好きだ」って心の中心があったかくなるし、ありがとうって泣いてしまう。

そういう経験を大人になっても出来るの、マジ青春だ。

彼らの青春ってわたしの青春だ!!

 

いつもいつも青春を、夢を、ときめきを、感動を、ありがとう!!

Mステ最終選考、めちゃめちゃに頑張ってほしい!!!

もっとたくさんの人にこの子たちのすばらしさを知ってほしい!!!

もっともっと大きなステージを踏んで、たくさんのキレイな景色を見てほしい!!!

そしてあわよくば、わたしもその景色の一部になりたい!!!

もっともっともっとどこまでも行ってほしい!!!

 

フォントを大きくすることでしかこの感情を伝えられないのがもどかしいです!!!

がんばれ!!!!!

 

abema.tv

君と見たとみたけの先に

※この記事はブログ主、あまぞねすの主観で書かれた、「このメンバーのここが好き!」というものをつらつらと綴るブログです。

内容には書き手の個人的な考えや妄想が含まれている場合があり、気分を害してしまう事があるかもしれません。お読みの際にはくれぐれもご注意下さい。(でも全年齢向けだよ!)

 

 

 

 

f:id:mariaamazones:20170902131933j:plain

とみたけ

メンバーカラー:ピンク

身長:183センチ 体重:69キロ

血液型:A型

誕生日:7月23日

好きな食べもの:うどんと巨大なホタテ

趣味・特技:買い物・ヘアセット

愛称:とみたん、とみー

*唯一の二期メンバー。スマホコンテンツ『SMART USEN』にて放送されているMeseMoa.冠番組である「めせもあ。魂~声優への道」では野崎弁当とともにMCとしてレギュラー出演中。ボイスドラマ配信サービス「恋するおやすみコール」では冨田圭のCVを担当している。2017/08/16にディファ有明にて行われたフリーライブにて、ソロ写真集の発売が発表されている。

 

 

その他とみたけって誰ぞ?の人向けのいくつかの情報~

・元々は野崎弁当と共に北海道出身者だが、2014年に上京。白服、気まぐれプリンス、ぜあらる。と共にシェアハウスを行っていた

・ホラーが好きでバイオハザードなどのホラーゲーム実況配信を行っている

・料理男子でもあり、料理配信も行っている

・学生時代の夢は声優

・いつの間にかお酒好きになっていて、「むすたま。」の企画にて罰ゲームとして禁酒を行ったことがある

 

 

 

唯一の二期メンバーって、自分で打ってて久しぶりに「そ、そうだった…!」ってなったな~。

とみたさんってなんかもうずっと昔からいたような気がする。いやもうサマビが発売したのめちゃ昔って言っちゃえばそれまでなんですけども。

 

二期メンバーという事もあってか弟キャラを確立しているこのとみたけさんのキュートみは、過去記事でほぼ犬みたいに言ってたフォーゲルさんと張るくらいの犬みがあるとわたしは思うんですがどうですか。

フォーゲルさんは小型~中型犬だけどとみたさんは大型犬ね。わっふわっふ言って飼い主の周り回って「フリスビー投げて!なげて!ぼく取ってくるよ!ほらほら!」って感じの、感じのやつ。

黒くてまんまるの瞳!ちょっと出た犬歯!ひとなつっこい笑顔!すげえ自然に傾げる首!

最近黒髪にして本当いっそう大型犬じゃない?黒ラブじゃない?

 

f:id:mariaamazones:20170902132009j:plain

ほらもうこれ完璧おなか見せてんじゃん…。

これ完全に「撫でてっ♪撫でてっ♪」のポーズじゃん…違う?

この人懐っこさに一体何人の人がめろめろにされてきたのだろう…。大きいのにかわいい…。お菓子買いたい…。食玩のついたお菓子を…。

 

 

先ほどノックソさんの記事で「存在が物語始まる感がある」的な事を書いたんですけれど、とみたさんはそれに対して「物語始める男感」がありますよね。「物語作る感」でもいい。

それはつまり、「世界観を創る」事が出来る人であると言う事なんですけれど、たとえばどうです、彼の歌声です。

 

youtu.be

youtu.be

youtu.be

 

この……なんだね、地のおしゃべりとのギャップは!おしゃべりはキュートボーイなのになんて色っぽく歌うんだ…。この歌い始めた途端にキャラ変わるのなんなんだ…。

そう、とみたさんはお歌に溶け込む人だと思うのです。彼のまま歌うのではなく、おうたに寄っていくみたいにその住人になってしまうんですよね。

兄さんの事を記事の中で「ボーカルモンスター」と呼びましたが、とみたさんはわたしの中で圧倒的「ディーバ」。

その存在感でもって、聴いている人を歌の世界に連れていくひとだなと思うわけです。存在感。今自分で打って、あーそれって思った。存在感だ。とみたさんのステージに立った時の存在感は、もはや孤高なのだ。

 

むすめん。の3rdAlbumに収録されている『君と見た景色の先に』という曲があるんですけれども、それをわたしが初めて生で観たのは47都道府県ツアーの初日、ディファ有明でした。

もう……圧倒以外の言葉が見つからなかった。

『君と見た景色の先に』ってミュージカル調でご存知の通り真逆の二人のキャラクタが出てくるんですけれども、それを完璧に演じ分けて1人で歌って、いやーーーーーもう震えることしか出来なかった。口が開きっぱなしだった。キンブレはわたしの震えに合わせてふるふる動いて、たまに思い出したようにちょっと振るけどすぐに見入って振るの忘れてしまった。

アイドルの歌唱ですよ?アイドルの歌唱で言葉失うってある?

それはわたしにとっては間違いなく初めての感覚で、見終わった後に確かに「やべーもんを見た…」という感情に襲われて、隣にいる友達に「やばくない?」って震える声で言って、お互いにコクンと頷くことしか出来なくて、いやこんなことが出来るとみたさんって、とみたさんって、マジですごくない?凄い人がいるグループじゃない?MeseMoa.って。

 

 

そしてすごいのはお歌だけじゃない。

とみたさんって2期メンバーだったんだっけ、って最初に書いたんですけれど、わたしもそこそこにニコニコ動画でオタクをしているので加入前も見ていたわけなんですが、踊ってみたで活動していた彼の加入後の伸び幅のすごさと来たら、とんでもねえもんでした。

とみたさんって今ドキの顔立ちで背も大きくて、そんな子がゆるっとふにゃっと踊るのがカワイイ~♡って感じの踊り手さんだと思っていたんですが、もうみるみるうちに上達してね。

 

それを改めて感じたのがこの動画。

youtu.be

 

これ2015年のペア踊ってみた企画で撮影されたんですけれども、いやいやいや待ってくれよと。

気まぐれプリンスさんっていったら、もう昔っからダンスの上手い人ですよ。今もダンスにおいてはメンバートップクラスですよ。その人にこんな…こんな肩並べて…。

正直、「いつの間に!?!?」って思ったくらいです。見劣りどころか、ちっとも変わらないくらい上手。長い手足はダンスに映えて、子犬みたいな笑顔は人の目を惹きますよね~。

 

 

お歌、ダンスと触れてきましたが、これを総合して彼の「物語を始める感」ですよ。

おしゃべりも達者でメンバーによく絡んでキャッキャする姿はもう可愛い青年で、それがもう、もうパフォーマンス始めると、もう。もう。

「俺を見ろ」と。全身で五感に訴えてくる感じ?分かるかなこのー…この、視線を奪われる感覚。オーラが物語るというのか、俺について来い感、というか。

その存在感は目を惹き、視線を奪い、おしゃべりの時とのギャップにくらくらさせられて、これがもう本当にたまらんのでしょう?たまらんのでしょう?良いのよ認めて良いのよ!わたしもたまんねえからよ!!

これであなた弟キャラも健在なんだから、もうお年玉あげたいもんね、バレンタインチョコあげたいとかじゃなくてわたし、お年玉あげたいもん。「好きなもん買いな~(^-^)」って言ってぽち袋あげたい。わーいありがとうおばちゃん!って言われるのめっちゃ夢だわ。良いのよ良いのよ好きなゲーム買いな~、好きなお菓子買いな~。お酒は健康のためにほどほどにするのよ~。

 

 

 

 

これどっか多分別の記事でも書いたかもしれないんですけど、とみたさんを見ていると、「この人は自分のことをよく見ている人だなあ」と思います。

自分の斜め前上に小さい自分が居てそこから自分を見ているみたいに、自分のことが見えている人だよなあ、って。

それはパフォーマンスでもそうだし、おしゃべりでもそうだけれど、どういう風に立ち振る舞うと自分が魅力的に見えて、見ている人聴いている人に喜んでもらえるか考えている人だなと感じるし、それをうまく出来ているなと思います。

いつも姿見の前に立ってるみたいにダンスを踊って、カメラがあるみたいに表情を作れて、鼓膜に刺す方法を分かってるみたいに歌って。

これってアイドルにとってめちゃめちゃ大事で必要なことですよね。「自分のことがきちんと見えている」って絶対に必要な事だし、欠かす事が出来ない能力だと思う。

 

でもきっとたぶん、とみたさんのその能力は人一倍で、自分が見えているからこそ納得出来ないことや、見えているからこそ悲しい事があるんじゃねえかなあ、と。でもそれも、アイドルとしてものすごい正しく必要な苦悩で。だからこそわたしは彼のことを途中「孤高」と表現したのですが、自分が見えている苦悩って見えている人間にしかわからないもんだから。そしてとみたさんはそれを避けることがアイドルを辞めることに繋がるのをきちんと分かっていてくれる。

それと戦ってくれるとみたさんってやっぱストイックで、いっしょうけんめいで、かっこよくて、この先もどんどん育ってくれて、めちゃくちゃハチャメチャにスーパーアイドルになる気しかしねえわ!!!!!!!!

 

最後になったけど、わたしマジで年末のミュージカル決まった時、「あーーーーーミュージカル俳優のとみたけ!!!!!!」って叫んだから!!

マジでこれ、こんなに願ってたことないから。そりゃ全員分喜んだけど、とみたさんのあの歌声や存在感が間違いなく発揮されるステージ、めちゃくちゃに楽しみです!絶ッッッ対に水を得た魚だ!!!ヒョエーーー!!!!

 

 

 

 

 

もう5時間切ってる!!うわーーーー緊張してしぬ!!!

abema.tv

 

もうわたしから言うことなんかねえ!!!応援すっぞ!!!!

 

 

 

 

ノックソと春夏秋冬(ヒルクライム)

※この記事はブログ主、あまぞねすの主観で書かれた、「このメンバーのここが好き!」というものをつらつらと綴るブログです。

内容には書き手の個人的な考えや妄想が含まれている場合があり、気分を害してしまう事があるかもしれません。お読みの際にはくれぐれもご注意下さい。(でも全年齢向けだよ!)

 

 

 

 

f:id:mariaamazones:20170902104335j:plain

ノックソ

メンバーカラー:パープル

身長:178センチ 体重:60キロ

血液型:A型

誕生日:10月26日

好きな食べもの:背油たっぷりのラーメン

趣味・特技:お酒を飲むこと

愛称:のっくん

*現在MeseMoa.唯一の兼業アイドル。大阪で働きながら、東京に通いアイドル活動を行っている。むすめん。時代の3rd Single『たじたじ*ファンタジー 〜君のアイドルになりたくて〜』にて、センターを務めている。

 

その他ノックソって誰ぞ?な人向けのいくつかの情報~

・顎兄弟の関西弁の方

トラフィックライト。の活動において、強い今川碧海推しをしている

ニコニコ動画投稿歴は8年に及ぶが、ソロで投稿している動画は2016年4月に投稿された『Heart Beats』のみである

・リアル金持ちらしい

・心がすぐ折れる。感動してよく泣く





f:id:mariaamazones:20170902104405j:plain

f:id:mariaamazones:20170902104422j:plain

f:id:mariaamazones:20170902104439j:plain




顔 が 綺 麗 。

 

今デジャヴ感じた人、逆にありがとうございます。

 

なんだこの…なんだこの造形の仕上がりは…。確実に作品レベルのお顔である…。唇の下にホクロって…計算か?いや本当にこんなお顔が存在してしまうと、世界の男性における顔面の平均値が上がってしまう…ご勘弁をだよ…。

この高貴なお顔だよ…。MeseMoa.を紹介した友人に「とみたけさんとノックソさんが見分けられない」って言われた時、「缶のコーラ飲んでそうなのがとみたけさん、マイセンで紅茶飲んでそうなのがノックソさん」って説明しましたもん…。

何?好物は背油たっぷりのラーメン?お酒が好き?いやいやいや嘘をつけ、主食はクリームチーズを乗せたクラッカーで主な飲み物は酵素水か海洋深層水だろ…。(偏見)

 

これは実話なんですけれどわたし妹が居ましてね、その妹に「ノックソって人、なんか見てるとなんとなく不安になるんだよね」と言われた事がありまして、わたしそれに思わず真顔で、

「君、それはモナ・リザが怖いって言うのと同じだよ。綺麗過ぎて怖いと感じているのだ」

って言いましたからね。

その美しさはまだ彼の魅力の入口に過ぎない…You Die…って真顔で指をさして言いましたもんね。「ハッ」って鼻で笑われましたけどね。お姉ちゃんは本気だよ。

それぐらい、それぐらいノックソさんのこのお顔は綺麗だと思っています。




以前、何かの折に「世の中には“物語始まる顔”と“物語始まらない顔”が存在する」という話をTwitterでしたのですが、ノックソさんは圧倒的に前者ですよね。

存在感のあるビジュアルといいますか、絶対的にモブにあってはならないビジュアル。そこにいるだけで世界観を持つビジュアル。

と、同時に彼の持つ歌声であるとか表情であるとか、そういうものも彼の『物語始まる感』を強くしていると思うのです。

 

見てこれ。




f:id:mariaamazones:20170902104654j:plain

儚いかよ。

 

これもう何かしらのカルマを背負わないと出せない空気じゃん。絶対にあるじゃん。絶対になんかあるじゃん。何かしらの別れや隠しておかなきゃいけない想いみたいなの絶対あるやつじゃん。

わたしと友人の間ではこの圧倒的儚さを抱えるノックソさんのことを「紫苑様」と呼んでいるんですけれど、このChameleonColorのソロショット何回も繰り返し見ながら「ハァ…紫苑様何があったの…」「消えてしまう…紫苑様きっとこのまま黙ってどこかへ行ってしまうよ…」「止めなきゃ…」って、謎の物語を抱えて顔を覆って半泣きで見てたのを覚えています。

何かしら経てるじゃん…絶対…じゃなきゃおかしいって…。なんて発注したらこんな儚い表情撮影出来んのよ…。後学の為に教えてくれよ…。




それから紹介にも少し出て来ましたが、唯一のソロ動画である『Heart Beats』の中のシーン。

 

f:id:mariaamazones:20170902104756j:plain

f:id:mariaamazones:20170902104810j:plain

絶対にこの後、春の嵐にさらわれて消えてしまうやん……。

 

消えないで…ノックソさん消えないで…;;

まだそこにいて…夏も秋も冬もそばにいてよ…;;

来年の桜も…!!一緒に見ようよ…!!!

ソロ動画である感動と同時に、その消えてしまいそうな儚さに涙浮かぶやつでした。まあこれ2016年の春なんで変わらず居てくれてる訳ですけれども。

いや~~~尊いな~~~あの日桜に攫われたのに~~~



あと、新曲『MuddyWater』のMVのソロやお芝居パートじゃないダンスしているシーンのノックソさんの表情もぜひ注目して見てもらいたい。

youtu.be

この苦しげに眉を寄せ、顔を顰めるその表情たるや…もう…もう…。



実はノックソさんは、ただ「雰囲気のある表情」をするだけじゃなくて、そこにある物語を美しい表情だけで表す事が出来る稀有な存在だと思っています。

そしてその声。高くも低くもある、クセのある耳に残る声。歌声も同じで、『ラストリグレット』なんかは、ノックソさんの声が入って完成する世界観な気がします。

 

だから実はマッッッッッッジで一番ガッチガチのガチの演技のお仕事が観てみたいメンバーでもある。開花したらドヤバそうな気しかしない。偉い人よろしくお願いします!!!!!





ほいでノックソさんがまたたまらんのが、その人の中身で、MeseMoa.で何かしらのイタズラが起きたらまず黒幕はノックソと思えというのがわたしの印象です。

グループでも年長組であるだろうに、そのいたずらっ子っぷりときたらメンバー随一。イジりの天才。いやメンバー大好きか!?

そのくせ自分が矢面に立つとすぐに心が折れるところ。何かしらの事件を起こすのは好きなのに、自分が一人で何かをやるとなると口をへの字にしたり地団太踏んで子どもみたいに嫌がるところ。

 

youtu.be

か、かわいいかよぉ…。

 

人をからかってげらげら笑う、イタズラの為に平気で嘘をつく、拗ねる、駄々をこねる…。

これが大人のやることか?

 

ノックソさんの沼にハマるのってこの、Sの心もMの心もくすぐってしまうところや、この大人なのに子どもっぽさも持ち合わせているたまらなく構いたくなってしまうカンジが理由のひとつにあるのではないかと、他推しのわたしは分析します。

有権者の皆さまいかがですか?








などと言っているわけですが、ノックソさんの共感力の高さこそが、わたしにとって彼の一番好きなところだとお伝えしたいです。

 

トラフィックライト。の応援だってそうです。彼はMeseMoa.ではトラフィックライト。と同じメンバーだけれど、その応援の仕方はわたしたちファンと一緒でした。

CDを買い、休みの日にイベントに足を運び、ライブを見てツーショを撮って、感動したりその感動をツイートしたり。

これ、メンバーがやる事?完璧オタクじゃねえか。今川碧海さんの男オタさんじゃねえか…!……と、わたしも言ったし、誰もが言ったと思う。

ノックソさんはファンの気持ちになりすぎるくらいなってくれて、だけどアイドルとしての立ち位置も忘れないで、あれだけイタズラっ子な彼はファン自身がアイドルに愛される喜びを理解して、サービス精神旺盛にいつもステージに立ってくれています。

 

そう、ファンを愛してくれてるとこ。

本来アイドルとファンの関係って、「ファンがアイドルを好き」であればそれだけで成り立つ関係なんですよね、本当は。

だけどノックソさんは本当にファンの目線や気持ちをきっと痛いくらいに感じて、スキを目に見せて返してくれる。

だから2017年ホールツアーで野崎さんが優勝した時、野崎さんのファンを見て泣いてくれたり、「自分のファンに応えられなくて申し訳ない」と謝ったりする。

 

わたし、ホールツアーは不甲斐ない事に福岡と熊本しか行けてないのですけれど、きっと九州の人って同じように「これでツアー終わり」という人がたくさんいて、それでわたし含め泣いてエンディングで泣いてしまっている人が多かったんですけれど、ノックソさんはそれ見て泣くんですよね。

いやあなた、これからまだだいぶ回るよ!?!?福岡熊本ってまだ序盤も序盤だったよ!?!?

それなのに、「みんな泣いてるから;;」って涙ぐむノックソさんは、もう愛さずにいられない人でした。

 

視野が広くて、視野が広いがゆえに色んな気持ちを吸収して、それでファンの気持ちに応えてくれる。だからあのサービス精神が生まれている。

色んな人を深く見る事が出来る人だから、より一層もっと色んな種類の仕事をアイドルでやって欲しい。色んな機会に触れてもらって、色んな顔をもっと見たい。わたし的にはノックソさんのそういうところが超絶推せるんですよねえ。






もう半日切ってる!!やっべーよ!!!

abema.tv

もうわたしから言うことなんかねえ!!!応援すっぞ!!!!