読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタク水遁帳

ヲタクが気まぐれで書くブログです

ショートコント『アルバムレビュー』

当時4歳の妹「なぞなぞです!パンはパンでも食べられないパンはなんでしょう!」

当時9歳の私「う~ん!難しいなあ!フライパンかな?ピーターパンかな?」

当時4歳の妹「ブッブー!答えはサラダでしたー!」

 当時9歳の私「え……何それ……」

 

 

当時9歳の私「超カ゛ワ゛イ゛イ゛;;;;;」

 

 

 

こんにちは。かく言う私は幼い頃はウルトラ系列の怪獣ソフビを滑り台から次々落として爆笑する、サイコ幼女だったそうです。あまぞねすです。

 

今回のブログは、タイトル通りです。

いつも以上に「腹立つ人は本当に腹立つ、あまぞねすを消したくなる」内容になっているかもしれません。

私もむすめん。ちゃんたちの行く末を見届け、愛する妹のウエディングドレス姿を見るまでは全然死にたくないので、心の広い人以外はなるべく回れ右をして頂けると助かります。自分のウエディングドレス…?ウッ頭が……

 

では、少し下へスクロールすると今回の本文です。

くれぐれもゆとりある心で読んでください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~ 3rd Album『Thanks!』に寄せて ~

 

 

 上記のアルバムはニコニコ動画発のボーイズアイドルユニット、「むすめん。」の三枚目となるアルバムである。“アイドル気取り”としてスタートした彼らが、昨年8月にその目標であった中野サンプラザ公演を成功させ、怒涛の47都道府県ツアーを敢行するに辺りリリースされた、記念すべき1枚と言っていいだろう。

 リーダーである白服が語り、47都道府県を周るきっかけとなった「ファンのみんなに感謝の気持ちを伝えに行きたい」というメンバーらの気持ちを表すようにつけられた『Thanks!』というアルバムタイトルは、今回のツアーのタイトルにもなっており、アルバムジャケットもクラッカーやプレゼントBOXを思わせる、ポップでカラフルなものになっている。

 以下では、その内容について1曲ずつ触れていきたい。

 

 

 

 

1.むしゃむしょサンキュー

 アルバムは彼らのシングル曲の全てを手掛けている、彼らのファンにとってはお馴染みのhalyosyの曲から始まる。

 口にするには恥ずかしい言葉や感情を全力で乗せられた歌という印象は彼の曲に共通して感じる事だが、この曲も例外ではない。ポップな曲調には、ツアーのテーマとなっている“感謝”が詰められ、彼らの今回のツアーになぞり、むすめん。が会いに行くという内容になっている。

 可愛くて元気な印象を受ける1番から2番までを駆け抜けた後には転調し、Cメロは気まぐれプリンスの優しい声で「ただいま」から始まる。このCメロ以降、サビの持つ印象が変わり、全国で待つファンへ「やっと会いに来たよ」と語りかけるように感じられるのは筆者だけだろうか。

 

 

 

 

2.second step

  2曲目はbakerが作詞作曲を手掛けたアップテンポな曲。1曲目のアイドルらしい印象から、一気にクールなものになる。打ち込みとサックスの疾走感ある曲調と同じように、歌詞でも前傾姿勢に相手を求め追うような肉食系の内容になっている。曲中には漏らすような吐息音が入り、これが更にセクシーな印象を与える。

 この曲で筆者が特に印象深いのがやはり2番メロ後の二番煎じからあおいへと続く歌唱だった。打ち込みの音がシンプルになった中で、スポットライトが当てられるようにクールな二番煎じの声、そしてそれに続くあおいの絞り出すような感情の入った声により、歌詞の持つ懇願するような意味合いがより強調されていたように感じられた。

 

 

 

 

3.楽観烈破

 2曲目の『second step』から、また一転。3曲目はLast Note.が手掛けた元気な曲だ。ヒーローアニメのような元気なメロディーにはギターサウンドが乗せられ、前向きで、励ますというよりも、強く背中を押すようなポジティブで上昇思考な言葉で歌われている。

 特にサビの終わりで繰り返される「バッテン!」などの掛け声などはファンも一緒に楽しめる事が間違いなく、ノリが良くてライブでも盛り上がる事間違いない。

 また、更に彼ららしいと感じさせるのが2番Bメロだ。それまでと変わらない元気な曲の間に入る、歌詞とは違うフォーゲルの台詞と言っていいだろう箇所。作詞作曲のLast Note.が彼らの曲をよく理解しているように感じられ、筆者はとても嬉しくなった。

 

 

 

 

4.君と見た景色の先に

 彼らのアルバムで毎回メンバーのソロ曲があるが、今回はこの曲。とみたけのソロだ。制作の際には本人も作詞作曲者のOSTER projectへ要望を伝え、その全部を叶えてもらった、という話がある通り、OSTER projectの持ち味であるファンタジックでミュージカルな曲がとみたけのものとして仕上がっている。

 曲中には朝から晩まで働く「勇者」と日がな一日だらけている「魔王」が登場し、喧嘩し最後には手を取り合うその物語は、人間版アリとキリギリスのようで、どちらにも共感し応援したくなってしまう。

 この曲で何より凄いのが、とみたけの歌唱力である。前述したよう曲中に登場する「勇者」と「魔王」の二人を見事に演じ分け、思わず拍手をしてしまいそうになる。その場を“アイドルのライブステージ”から“舞台”へここまで変えてしまうのは、むすめん。の中でも彼だけかもしれない。

 

 

 

 

5.Because of You

 『Just Be Friends』でも多く知られるDixie Flatlineが手掛けたこの曲は、白服とにーちゃんの爽やかなデュエットソングになっている。

  むすめん。の中でも白服の声は低音な方であるが、反対ににーちゃんはむすめん。の中でも甘く高めの歌声だ。美しいエレクトロポップなメロディに、丁寧に選ばれた優しい言葉で想いを伝える恋愛曲だが、それがまた二人のキャラクターに合っていてとても良い。

 特にサビ冒頭の「夜空に誓うよ」という言葉や、「ずっと気付かなくて許して欲しいんだ」という言葉などは、真面目で真摯に向き合う優しい彼らにとてもマッチしているように感じた。二人の声質の違いも曲の良い味になり、想像以上に綺麗なハーモニーが生み出されている。

 

 

 

 

 

6.てんてん天使

 6曲目、7曲目は再びhalyosy作詞作曲のものとなり、それぞれが天使と悪魔をイメージした曲になっている。こちらは白服、気まぐれプリンス、ぜあらる。、ノックソ、野崎弁当による、天使をイメージしたもの。

 歌っている彼ら自身を天使とし、可愛くポップなメロディには周りを励まし癒してあげる、というような天使らしいイメージの歌詞が付けられている。「りんりんりんりんリンパを流せ」や「はらほろひれはれ日本晴」といったような一見キテレツな歌詞も、何度も聴いている内にそれさえも可愛さを印象付けられ、筆者としてはアルバム中で一番のスルメ曲だと感じている。

 また、このアルバムには『天使タイプ』と『悪魔タイプ』で特典映像としてそれぞれのMVが収められており、こちらも必見だ。『てんてん天使』では曲中で書かれる"神秘な力"を使っているシーンなどは特に見どころで、また真っ白で優雅な天使をイメージした衣装に身を包んだ彼らの可愛いダンスも見逃せない。

 

 

 

 

7.ココロノ悪魔

 こちらが『てんてん天使』の対となる、悪魔曲。二番煎じ、フォーゲル、とみたけ、にーちゃん、あおい*1の曲である。

 天使曲とはまるで違う、まさに反対のイメージの曲で、『Honey Bee*2』や『LIAR!*3』などに続く、彼らの曲では珍しいダークなイメージを与える曲で、しかし歌詞の内容は、彼ら自身が悪魔というよりも本能を見透かした悪魔に誘惑され葛藤しながらも堕ちて行く人間、あるいは堕天使の歌、というような印象を受ける。

 こちらのMVでも悪魔をイメージした衣装を身に纏っているが、曲調通りにとにかく恰好良い。天使曲と対照的なクールでセクシーなダンスと、十字架や檻といったようなダークなセット。アイドルなのに笑顔を封印したこのMVは、彼らを好きな者なら思わず息を飲んで見入ってしまうだろう。

 

 

 

 

8.たじたじ*ファンタジー ~君のアイドルになりたくて~ (Album Ver.)

  3rd Single曲のセルフカバーとなっているこの8曲目は、やはりhalyosyの作詞作曲のクリスマスソングだ。

 曲自体もシャープなイメージになっていると感じたが、何より大きく違うのは、2nd Single発売後、昨年の八月まで活動を休止していたにーちゃんが加わっている事だろう。中でも「たじたじ隊」と呼ばれる、サビなどでの掛け声のパートに甘く可愛い声の彼が加入した事で、これまで聴いていたファンもより一層キュートな曲のように感じられたのではないだろうか。

 この曲は 彼らのシングルで『アイドル3部作』と呼ばれるシリーズの三作目に当たり、アイドルらしいポップな曲の中で奮闘する、可愛くもおっちょこちょいで一生懸命などこか憎めないキャラクターが主人公となっている。そのキャラクターはセンターポジションを務めるノックソを思い出させ、聴けば聴くほどクスリと笑みがこぼれる、幸せな曲だと筆者は思っている。

 

 

 

 

9.あすの日に灯をともそう

 最後の一曲はふわりPが作詞作曲を担当した曲である。彼らしい豊かなメロディとピアノの音が特徴的な爽やかな一曲で、どこか青春群像アニメのエンディングテーマのような印象を受ける。

 曲の内容は、朝焼けから始まり、眠りの夜、そしてまた朝、というように一日を追った、日常の風景を言葉にして語っていくようなものとなっている。歌詞カードを見ると、その歌詞のほとんどがひらがなで書かれ、言葉を短く切り、一見するとまるで童話のように思える。豊かなメロディは頻繁に転調し、彼らむすめん。の色々な表情を見せながら進む。特にこの曲の野崎弁当の優しい歌声が彼という人間を表しているようで印象深い。その他のメンバーも他の曲ではクールに歌っていたり、キュートに歌っていたりしたのに、この曲では全員が素直な、彼らの人を表すような歌声だと筆者は感じている。

 曲は彼らの声がパート分けをされる事もコーラスが入る事もなく、そのままいくつも重なっていく。爽やかで優しい、わくわくするような曲なのにそれがどこか涙を誘い胸が熱くなる。

 1曲目の『むしゃむしょサンキュー』が「どこでも、どこへでも、君のもとへ」を歌い、最後であるこの曲は「いつでも、いつまでも、君と」を歌っているのではないか、と私は思う。ゆえに、まさにアルバムを締めくくるに相応しい、心に染みる曲だと感じる。

 

 

 

 

 ─── 彼らのアルバムを1枚目、2枚目、そしてこの3枚目と聴く中でずっと筆者が感じていた事がある。それは、どれも「全員で作られている」という事だ。

 ごく当たり前のことのように思えるが、1枚目、2枚目では発売時、前述の通りメンバーのにーちゃんが活動休止をしているにも関わらず、それぞれにシングル曲の新しいバージョンが収録される事で、「10人の」アルバムとなっている。

 同様に、今回の『Thanks!』では、メンバーのぜあらる。が怪我療養でツアー不参加である為、収録曲のほとんどに彼の声は無いが、アルバムのジャケットには彼も他のメンバーと同じ衣装を着て立ち、そして過去のシングル曲が収録される事で参加をしている。

 ファンとして、彼らが10人全員で活動する事にこだわってくれる事には感謝の気持ちしかない。全員が揃った姿こそ、ファンの求める愛する「むすめん。」の姿であると、彼らが理解してくれているようで本当に嬉しいのだ。そしてこのアルバムで、そんな彼らの恰好良い姿から可愛い姿まで、全て見せてくれる。制作した作詞作曲者の三者三様な曲が、それを見せてくれる。

 「感謝の気持ちを伝えに行く」というテーマで行われているツアー、そして制作されたこのアルバムだが、聴いているファンとしても、普段から勇気や元気を与えられ、心を癒してくれる彼らには本当にありがとうの言葉では言い切れない程の感謝を誰もが感じているのではないだろうか。

 1曲目の『むしゃむしょサンキュー』の中の歌詞にある「目に映るこの景色は 誰一人欠けたって見れないはずさ」という言葉に、深く共感を覚える。現在は怪我で活動を休止しているぜあらる。が戻ってこの曲をステージで聴いた時、私はその姿に同様の感動を覚えることだろう。

 

(著:あまぞねす)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやお前、

一般事務OLやないか~~~~い

(ワイングラスをぶつける)

 

 

 

はい、コント!ここまでコント!今オチた!

 

本当にえらっそーにすみませんでした…。

音楽ライター気取りで何が悪い!?悪いに決まってんだろお前全く音楽学んだことも文章学んだこともないだろなんなら最終学歴高卒だろいい加減にして……。いい加減にして……。

 

先日仕事で落ち込んだ時に、アルバムを聴きながら『これ最高のアルバムやな……最高やな……この気持ち、言葉にしたい……!!』と、感極まったので思わず筆を執った(正しくはキーボードに指を乗せた)訳です。

もっとノリで書けばよかったんですけど、ノリで書けば書くほど、「ねえ分かる!?!?!分かるよね!?!?!?マジ神!!!!!」みたいなテンションと勢いのより一層気持ち悪い頭の悪い文章になったので、逆転の発想で真面目ぶってそれらしい文章を目指してみました。なんで?

 

 

とにかく、『Thanks!』は最高で最強に大好きなアルバムなんで、マジ買ってない人買いません?買った方が良くない?

いや自分に布教力なんて無いのはもう百も承知なんですけど、ライブで聴くのも最高だけどCDで聴くのも本当最高だから、買お…。買わないとアレだよ、『あすの日に~』の最後の「ハイ!」のタイミング覚えらんないよ…。(※個人の感想によるものです)

まだ通販サイトでは発売してないみたいなんですが、全国ツアーの会場では買えるみたいですしね!

 

そんで毎度毎度言ってるけど、本当クソほど長いな~~~~~^^^^^^

文章まとめる力皆無かよ!長々といつもすみませんでしたありがとうございました!

 

無理矢理〆ッ!

 

*1:このアルバムではあおいさんの都合によりあおいさんの歌唱パートは収録されていません。ライブでは歌ってるよ!観よう!

*2:4th Single曲

*3:1st Album『WonderDream』収録曲